2021年ヨーロッパ選手権:種目別つり輪の演技

2021 Europeans Basel (SUI) EF SR


2021年ヨーロッパ選手権・バーゼル大会:種目別つり輪の演技です。

PETROUNIAS Eleftherios (GRE)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.3
E:9.100
Score:15.400

力技の決めが素晴らしい。肘の曲がらない後ろ振り上がり中水平も見事。着地は1歩跳ねる。


NAGORNYY Nikita (RUS)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.1
E:8.933
Score:15.033

開脚上水平の脚を閉じてDスコアを0.1上げてきた。力技の姿勢はスペシャリストには敵わないものがあるが、実施は丁寧で隙がない。着地を止める。


MARESCA Salvatore (ITA)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossDIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.2
E:8.700
Score:14.900

28歳というベテランだが、これまであまり実績のない選手。良好な実施を見せ、伸身月面の着地も止める。


4th AVETISYAN Artur (ARM)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.ナカヤマBack Lever to CrossDII
3.後ろ振り上がり十字懸垂Back Uprise to CrossCIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
6.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.9
E:8.966
Score:14.866

Dスコア5.9の従来構成。Eスコアで勝負するタイプの選手だが、今回は振動倒立の決めが今一つだったか。着地はピタリと止める。


5th COLAK Ibrahim (TUR)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
3.ヤマワキYamawakiCI
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.前方屈身2回宙返り下りDouble Front PkDIV

D:6.0
E:8.733
Score:14.733

2020年ヨーロッパ選手権のチャンピオン。Dスコア6.0は抑え気味の構成。振動倒立の決めが甘かったか。着地も1歩跳ねてしまう。


6th RADIVILOV Igor (UKR)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.ナカヤマBack Lever to CrossDII
3.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossDIII
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.0
E:8.666
Score:14.666

フル構成はDスコア6.3のため、抑え気味の構成。着地が低い姿勢となり1歩跳ねる。


7th HOECK Vinzenz (AUT)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
3.押し上げ上水平支持Press to PlancheDII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.ナカヤマBack Lever to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.1
E:8.566
Score:14.666

力技の決めや姿勢に甘さが見られる部分がある。着地も少し動いてしまう。


8th DAVTYAN Vahagn (ARM)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後ろ振り上がり十字懸垂Back Uprise to CrossCIII
3.引き上げ上水平支持Press to PlancheDII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.ナカヤマBack Lever to CrossDII
8.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.0
E:8.658
Score:14.658

バランディン3(E)を抜いている。着地はやや低くなり、前に跳ねる。



ペトロウニウスが2018年以来3年ぶりのヨーロッパ王者に輝きました。左肩の手術後、種目別ワールドカップではすでに2勝していますが、いよいよこれで完全復活と言えるでしょうか。2位には個人総合王者のナゴルニー。チョラックやラジヴィロフといったスペシャリストを抑えての表彰台となりました。

さて、ペトロウニアスはまだ東京オリンピックの出場資格を得ていません。種目別ワールドカップシリーズの現時点のランキングでは劉洋(中国)に次ぐ2位という状態。最終戦となる6月のドーハ大会の結果次第ということにはなりますが、現時点では大会が開催できるかどうかも不確定な状況です。ペトロウニアス、劉洋、そして多くのつり輪のスペシャリストが気を揉む状態はもう少し続くことになります。

"2021年ヨーロッパ選手権:種目別つり輪の演技"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]