フェルハット・アリカン - 2020年ヨーロッパ選手権:平行棒の演技

ARICAN Ferhat (TUR)
2020 Europeans TF PB


2020年ヨーロッパ選手権・メルスィン大会、フェルハット・アリカン(トルコ)の演技を紹介しておかねばなりません。団体決勝の平行棒で新技を実施しています。

最初に行っているのが前振り上がり1/4ひねり単棒倒立と言っていい新技。出来は良くなく、かなりバランスを崩して何とか両棒倒立に移行しています。認定されなくても文句は言えないような実施ですが、Dスコア6.9が出ているためF難度で判定されているようです。

種目別決勝では、この技を抜いたDスコア6.6の構成でEスコア8.500を出して優勝しています。Dスコア6.9の構成を高いEスコアで実施し、鄒敬園(中国)に迫ることは出来るでしょうか。


1.前振り上がり1/4ひねり単棒倒立Front Uprise 1/4 to HdstF?II
2.リチャードFront Uprise DiamidovEII
3.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
4.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
5.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
6.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
7.マクーツMakutsEI
8.ヒーリーHealyDI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.9
E:7.800
Score:14.700

"フェルハット・アリカン - 2020年ヨーロッパ選手権:平行棒の演技"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]