鉄棒の後方かかえ込み2回宙返りひねり懸垂

Double Back 1/2 to Hang on HB


今週も、掴めてはいませんが斬新な鉄棒の手放し技を紹介したいと思います。表記としては後方かかえ込み2回宙返りひねり懸垂ということになるでしょうか。実施しているのは順天堂大学に進学した鉄棒のトリックスター、前田楓丞。




後方かかえ込み2回宙返りひねり懸垂 Double Back 1/2 to Hang
20190829_01.png

懸垂前振りから離手、後方かかえ込み2回宙返りからひねってバーを掴まんとする全くの新技。必ずしも正確な表現ではありませんが、ギンガーダブルと考えると理解がしやすいかもしれません。この発想はすごいの一言です。

気になる難度ですが、これまでに類を見ない技だけに見当もつかないところがあります。手放し技として、宙返りやひねりの回数はかかえ込みゲイロード2と同じということになりますが、さすがにD難度ということはない気がします。E難度あるいはデフと同じF難度までいくでしょうか。ぜひとも完成させて、試合で披露してほしいと思います。

"鉄棒の後方かかえ込み2回宙返りひねり懸垂"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]