最近流行りの順手背面車輪

Czech Giant on HB


2018年に入ったあたりから鉄棒の順手背面車輪を目にすることが増えてきたように思います。日本でも萱和磨や谷川航、谷川翔といった順天堂大学のトップ選手が演技に取り入れるようになりました。今回はこの順手背面車輪について少し書いてみようと思います。


近年、鉄棒のEスコアが非常に厳しく出ている傾向がありますが、その原因の一つとして考えられているのがひねり技の角度減点です。鉄棒のひねり技(に限らずですが)は倒立で技を完了することが求められており、逸脱が15°以内であれば減点はありませんが、それ以上であれば相応の減点が課されます。このような状況にあって、より減点を受ける局面が少ない技として順手背面車輪がにわかに流行するようになったと考えられます。

順手背面車輪はシュタイネマンの名を残す「順手背面懸垂前振り上がり背面支持」から発展した技で、1955年に旧ソビエト連邦のパーヴェル・ストルボフが車輪の形態に持ち込むことに成功した(1)とされる歴史の古い技です。英語表記から日本では「チェコ式車輪」とも呼ばれますが、海外の実況では"German Ginat"の呼称もよく耳にします。

順手背面車輪がどのような技であるか、言葉で説明するより動画を見た方が早いでしょう。よく見られるのは以下のような実施です。ダヴィド・ベルヤフスキーを始めロシアの選手は以前から順手背面車輪を得意としていました。


この動きは図のように
・後方浮腰回転後ろ振り出し順手背面懸垂(C)
・順手背面車輪(D)
・ケステ(順手背面懸垂前振り上がり後方浮腰回転倒立)(C)
という3つの技で成り立っています。一気にC難度2つとD難度1つを得ることができるのも実施が増えている理由と考えられるでしょう。

20181220_01.png

そんな順手背面車輪ですが、減点を受ける局面が全くないわけでは当然ありません。車輪は柔軟性のある伸びやかで雄大な実施が望ましいと考えられますし、ケステも決めが倒立から逸脱すれば減点を免れません。日本では石川大貴や動画の谷川翔が良好な実施を見せていると思います。




順手背面車輪はその特殊な形態ゆえ、前後に何らかの技を必要とし、複数の技で一連の動きを構成することになります。ここでは前後の技を入り技、抜き技と呼びますが、他にどのようなパターンがあるのか見てみましょう。

まずは入り技です。この動画ではヤマワキ(D)から順手背面後ろ振り出し(A)という技で順手背面車輪に入っています。ヤマワキからの巧みな方向転換は見ていて気持ちいいものがあります。



難度表にある入り技はこれくらいですが、上向き転向からのこんな実施もあります。カール・ミーダー(アメリカ)の演技。




続いて抜き技。ケステからひねって大逆手までいけばリホヴィツキー(D)という技になります。動画は本家のアンドレイ・リホヴィツキー(ベラルーシ)。この選手も以前から順手背面車輪を実施していました。



現在では全く見られませんが、かつては小野喬が開発したオノ(順手背面懸垂前振り上がりひねり支持)(B)という技もありました。このような支持で終わる技自体が今日の鉄棒では見ることがありません。



もはや抜き技という呼び方もおかしいかもしれませんが、手放し技につなげる実施もあります。動画はジェフ・ベンダー(アメリカ)の順手背面トカチェフ(C)。



順手背面ギンガーにはサプロネンコ(C)という名前が付いています。本家はエフゲニー・サプロネンコ(ラトビア)。順手背面からの手放し技は難度が格上げされることもないため、今日実施する選手はまずいません。



過去にはなんと終末技につなげてしまう動画もあります。ダレル・カーベル(アメリカ)という選手が順手背面車輪から1回ひねって下りています。現在のルールでは通常の車輪で下りるのと難度は変わらないということになるため、A難度になります。



難度表にある技で全く見ないのが、順手背面車輪ひねり倒立から前方車輪(D)。オノを倒立まで収めることに相当する技です。D難度が取れるため実施する選手が出てきてもよさそうです。

20181220_02.png


順手背面懸垂前振り上がり両脚横抜き支持(懸垂)(B)も支持で終わるため見かけない技ですが、では、この技を倒立まで収めるとどうなるでしょうか。

20181220_03.png

図のようにちょうど平行棒のディアミドフのような感じになるように思えます。完全な妄想技ですが、決まるとかなりかっこよさそうで、見てみたい気がします。

20181220_04.png

参考文献
(1) 佐藤友久、森直幹:体操辞典, 道和書院 (1978)

"最近流行りの順手背面車輪"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]