アルトゥール・ダラロヤン - 2018年世界選手権:個人総合の演技

DALALOYAN Artur (RUS)
2018 Worlds Doha (QAT) AA


2018年世界選手権・ドーハ大会の個人総合はアルトゥール・ダラロヤン(ロシア)と肖若騰(中国)の激闘の末、タイブレイクによりダラロヤンが優勝するという劇的な結末となりました。演技構成を確認しておきましょう。

#1 ゆか FX


1.前方伸身宙返り1回ひねりFront Lay 1/1CII
2.~前方伸身宙返り5/2ひねり+ Front Lay 5/2EII(CV:0.1)
前方伸身宙返りFront LayBII
3.~前方屈身2回宙返り+ Double Front PkEII
4.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねりDouble Back 2/1EIII
5.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
6.~前方伸身宙返り2回ひねり+ Front Lay 2/1DII(CV:0.2)
7.後方伸身宙返り3/2ひねりBack Lay 3/2CIII
8.~前方伸身宙返り3/2ひねり+ Front Lay 3/2CII
9.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:6.2
E:8.600
Score:14.800

映像がないので予選の動画を。ゆかは大会を通じてDスコア6.2を演技しており、個人総合もこの構成であったと思われる。


#2 あん馬 PH


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.把手上下向き転向CzechkehrBII
3.Dフロップ3 FlopsDII
4.ブスナリBusnariFII
5.正面横移動連続(あん部馬背着手)Front Travel 3/3 Hands btw PCIII
6.シュテクリBDSBBII
7.縦向き後ろ移動(2/3)Back Loop Travel 2/3BIII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:5.5
E:7.900
Score:13.400

あん馬は得意種目とは言えず、ブスナリが入るにも関わらずDスコアは高くはない。予選はマジャール移動で落下があったが、個人総合ではしっかり通す。


#3 つり輪 SR


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.9
E:8.633
Score:14.533

振動技、振動力技の実施は大きさもあり良好に見える。開脚上水平の姿勢もいい。伸身月面の着地を決める。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ブラニクHdsp Double Front Pk5.69.53315.133

本家本元・白井健三に匹敵するシライ/キム・ヒフンの使い手だが、ここで使ってきたのはなんとブラニク! 空中姿勢もおおむね良好で、着地もわずかに跳ねるだけという驚異の跳越を見せる。


#5 平行棒 PB


1.横向き逆上がり1/4ひねり倒立Shoot Up 1/4 to HdstDIII
2.リチャードFront Uprise DiamidovEII
3.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
4.チッペルトTippeltDIII
5.バブサーBhavsarEIII
6.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
7.ヒーリーHealyDI
8.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
9.前振りひねり倒立Stutzkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.4
E:9.166
Score:15.566

団体決勝では落下があった平行棒だが、個人総合では独特の構成をしっかり決める。15点台半ばという高得点を出し猛チャージをかける。着地も足の開きはあったがピタリと決める。


#6 鉄棒 HB


1.伸身コバチKovacs LayEII
2.コバチKovacsDII
3.モズニクMoznikEII
4.アドラーひねりJam 1/2DIII
5.伸身トカチェフTkatchev LayDII
6.アドラーJamCIII
7.大逆手車輪Giant ElBI
8.ヤマワキYamawakiDII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.7
E:8.466
Score:14.166

5つの手放し技をしっかり決め、着地も止めて見せた。

Total Score:87.598 (Total D:35.3)
Rank:1st



ダラロヤンが見事な初優勝。6種目の戦い方としては跳馬、平行棒での猛チャージが効きました。合計得点は肖若騰と同点で並びましたが、この場合はタイブレイクが適用されます。個人総合の場合は、各選手最も低い種目の得点を除いた5種目の合計得点(それでも同点の場合は、4種目の合計、3種目の合計…)が高い選手が上位となるということで、栄冠はダラロヤンに輝きました。

合計Dスコアは35.3とまずまずではありますが、極めて高難度というわけでもありません。まさに難度と実施の絶妙なバランスの勝利と言えるでしょう。特にその実施は高く評価されており、今大会はロンジンエレガンス賞も受賞しています。団体3位に終わった日本としても大いに参考にすべき選手の一人と言えるでしょう。

"アルトゥール・ダラロヤン - 2018年世界選手権:個人総合の演技"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]