2018年世界選手権:団体決勝の結果について

2018 Worlds TF : CHN vs RUS vs JPN


2018年世界選手権・ドーハ大会の団体決勝は中国が優勝、ロシアが2位、日本は3位という結果となりました。日本としては3位までに与えられる2020年東京オリンピックの団体出場資格は確保したものの、中国、ロシアとの差は大きく、課題を残す結果となりました。団体決勝の得点について振り返っていきたいと思います。


あらためて3チームの結果を確認しておきましょう。中国、ロシア、日本の決定点とDスコアは以下のとおりです。


CHN
FXPHSRVTPBHB
DENG14.16614.46614.800
5.96.06.2
LIN13.96614.56615.13313.700
6.15.66.46.2
SUN13.06614.34114.90014.200
6.05.95.66.0
XIAO12.66614.16614.06614.96612.600
5.76.15.75.65.7
ZOU14.66616.200
6.17.0
Total40.79841.89842.87344.43246.13340.500256.634
17.718.217.616.819.617.9107.8


RUS
FXPHSRVTPBHB
BELYAVSKIY14.06614.70013.700
6.16.45.7
DALALOYAN14.66614.53315.06613.80013.966
6.25.95.66.45.7
KUKSENKOV13.266
5.7
LANKIN13.93314.60014.466
6.46.15.2
NAGORNYY14.613.13314.55815.03314.76613.733
6.45.96.05.66.45.8
Total43.19940.46543.69144.56543.26641.399256.585
19.017.718.016.419.217.2107.5


JPN
FXPHSRVTPBHB
内村航平14.13314.20014.50014.400
5.95.76.36.3
白井健三14.93314.96613.966
6.85.65.8
萱和磨14.30014.00014.16614.366
5.86.06.15.2
谷川航12.86613.60014.18314.80014.566
5.95.86.05.66.2
田中佑典11.56614.233
5.46.0
Total42.09941.73342.54944.13240.63242.599253.744
18.517.717.816.417.918.1106.4


あん馬スタートだった日本はミスのない順調な滑り出しを見せ、前半3種目目の跳馬を終えた時点では暫定トップの位置に付けていました。しかし平行棒で大きなミスが出ると、ゆかでもミスがあり終わってみれば、中国とロシアの2チームにかなりの差を付けられました。負傷者が相次いだという事情もありましたが、2020年東京オリンピックに向けてはDスコア、Eスコアともに相当強化する必要がありそうです。

中国・タイシャン社製の器械に苦しんだことも繰り返し報じられました。器械はどのチームも同じ条件ではありますが、日本は特にゆかに合わせるのに苦しみ、団体決勝で演技をした白井、萱、谷川航の3人はいずれも構成を抑えて演技に臨むことになりました。同社製の器械は東京オリンピックでも採用される可能性があることも報じられています。対策が必要になりそうです。



ここからは完全にタラレバになります。日本にもミスがありましたが、中国やロシアもノーミスというわけではありませんでした。特に中国は大きなミスをいくつか出しています。日本がノーミスであれば、あるいは3チームがミスなく演技を揃えていれば、結果はどうだったのでしょうか。

かなり無理のある仮定になりますが、ここでは以下のような明確な難度の取りこぼしや実施の減点がどれだけになるか計算してみたいと思います。

● Dスコア
・予定していたと思われる難度の取りこぼし(予め難度を抑えていたと思われるものは含まない)
● Eスコア及びペナルティ(ND)
・落下(1.0)
・転倒(1.0)
・難度不認定となった技の実施(0.5)
・鉄棒の振り戻り(0.5)
・ラインオーバー

結果は以下のようになりました。表中、"E"はEスコア及びペナルティ(ND)となります。

CHN
FXPHSRVTPBHBTotal
DEDEDEDEDEDEDE
DENG-0.1----
LIN-0.1-----0.5
SUN0.21.0------
XIAO0.21.0------0.41.0
ZOU----
Total0.21.20.21.0------0.41.50.83.7


RUS
FXPHSRVTPBHBTotal
DEDEDEDEDEDEDE
BELYAVSKIY------
DALALOYAN-------1.0--
KUKSENKOV0.3-
LANKIN-0.3----
NAGORNYY-0.1----------
Total-0.40.3------1.0--0.31.4


JPN
FXPHSRVTPBHBTotal
DEDEDEDEDEDEDE
内村航平--------
白井健三------
萱和磨--------
谷川航-1.3--------
田中佑典0.91.5--
Total-1.3------0.91.5--0.92.8

中国はゆかや鉄棒でかなりミスが出ています。6種目合わせるとDスコアで0.8、Eスコアで3.7の合計4.5点ほどを失っていることになります。ロシアは3チームの中では最もミスが少なかったと言えるでしょう。ククセンコフのあん馬はDスコア6.0を予定していたものとしました。

これらの失点を団体決勝の得点にプラスすると結果は以下のようになりました。

DTotal
CHN108.6261.134
RUS107.8258.285
JPN107.3257.444

というわけで3チームともミスがなければ中国が圧勝という結果になりました。日本だけがノーミスであれば257.444で優勝していたことになりますが、これは言い換えれば中国、ロシアにミスがない限り現在の自力では勝てないということになります。

やはり日本はDスコア、Eスコアの双方をアップさせなければなりません。特にEスコアは今大会高い評価を得たロシアの演技を研究し、構成や実施を徹底的に見直す必要があるように思えます。2019年は本来であればオリンピックに向けた構成を固めていかなければならない段階であり、Dスコアの強化も急務です。どちらも簡単なことではありませんが、自国開催というまたとない舞台で最高の演技を見せるため日本の底力に期待したいと思います。

"2018年世界選手権:団体決勝の結果について"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]