2018年アジア競技大会:種目別平行棒の演技

2018 Asian Games Jakarta (INA) EF PB


2018年ジャカルタ・アジア競技大会:種目別平行棒の演技です。

ZOU Jingyuan (CHN)


1.マクーツMakutsEI
2.リチャードFront Uprise DiamidovEII
3.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
6.ササキ5/4 Front Strd to HangEI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.6
E:9.125
Score:15.725

ツォラキディス(G)を入れた世界最高Dスコア7.0の構成も持つが、今大会は予選から全てこの構成で臨んでいる。それでもDスコア、Eスコアともに圧倒的で他を寄せ付けない。


XIAO Ruoteng (CHN)


1.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
2.ドミトリエンコDimitrenkoEII
3.ヒーリーHealyDI
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
6.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
7.ベーレBelleDIII
8.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
9.チッペルトTippeltDIII
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:6.2
E:8.700
Score:14.900

ワールドカップ・ドーハ大会ではタナカ(F)を入れたDスコア6.5も見せたが、今大会は6.2の構成。実施は非常に安定しており、着地で大きめの1歩となった以外はミスらしいミスが見られない。


千葉健太 CHIBA Kenta (JPN)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.ヒーリーHealyDI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
6.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.2
E:8.650
Score:14.850

Dスコアは肖若騰と同じ6.2。実施も安定していたが、Eスコアでわずかに及ばなかった。


4th 谷川翔 TANIGAWA Kakeru (JPN)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.ヒーリーHealyDI
3.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
4.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
5.モイMoyCIII
6.バブサーBhavsarEIII
7.チッペルトTippeltDIII
8.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
9.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.0
E:8.775
Score:14.775

Dスコアは6.0で上位選手には及ばないが、非常に安定した実施で着地も止めて高いEスコアを出した。


5th HAN Jong-Hyok (PRK)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.マクーツMakutsEI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.ベーレBelleDIII
6.前方開脚5/4宙返り支持5/4 Front Strd to SupEI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:6.4
E:8.325
Score:14.725

全てD難度以上の技で構成されDスコアは6.4と高い。目立ったミスもなく着地まで止めるが、Eスコアが伸びなかった。考えられるのはマクーツの後の後ろ振り倒立の静止、バブサーの支持局面などか。


6th LEE Chih-Kai (TPE)


1.棒下振り出し腕支持Drop CastAIII
2.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.前振り上がりFront UpriseAII
6.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
7.チッペルトTippeltDIII
8.ヒーリーHealyDI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:5.6
E:8.425
Score:14.025

予選、団体決勝で抜いていた棒下ひねり倒立を入れDスコアを上げてきた。それでもトップ10技にA難度が2つと難度が高い構成ではないが、実施はまとめている。


7th LEE Junho (KOR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.マクーツMakutsEI
3.ヒーリーHealyDI
4.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
5.単棒横向き閉脚浮腰上がり倒立Side Glide L Up to HdstCIII
6.モイMoyCIII
7.チッペルトTippeltDIII
8.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
9.ディアミドフDiamidovCI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:5.7
E:8.200
Score:13.900

C~E難度でまとめたDスコア5.7の構成。大きなミスなく演技を通す。


8th ABDURAKHIMOV Rasuljon (UZB)


1.棒下振り出し腕支持Drop CastAIII
2.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
3.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
4.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
5.ベーレBelleDIII
ヒーリー〈失敗〉Healy
6.前振り上がりFront UpriseAII
7.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
8.チッペルトTippeltDIII
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:5.4
E:7.475
Score:12.875

ベーレの後のヒーリー(D)に失敗。着地も乱れてしまう。予定のDスコアは5.7。



平行棒の予選では10位までに日本、中国ともに4人がランクイン。ヨーロッパ選手権でのロシアもそうでしたが、日中の平行棒の強さも相当なものがあります。決勝は1国2人までの規定により、予選12位までの選手が進出することになりました。

鄒敬園が抑えめの構成にも関わらず圧勝。別格の演技を見せつけました。2位にも肖若騰が入り中国勢のワンツーフィニッシュを許してしまいましたが、日本勢との点差はわずか。今大会、本調子ではなかった千葉と谷川翔でしたが、平行棒では奮起を見せてくれました。

"2018年アジア競技大会:種目別平行棒の演技"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]