あん馬の馬端馬背上向き360°転向

Leather Kehr 360 on PH


あん馬の馬端馬背上向き360°転向とでも言うべき技の練習動画です。実施しているのはアメリカのブランドン・ガイ。




馬端馬背上向き360°転向 Leather Kehr 360
20180802_01.png

本人のコメントによれば2周(720°)や3周(1080°)も成功させているが動画はないとのこと。この実施も540°の転向ということになると思いますが、下向きのロシアン転向の場合と同様に360°と540°は同難度の扱いになるでしょう。

ロシアン転向であれば馬端馬背360°(540°)でB難度ですが、こちらは何とも奇妙な技で難度も想像できない感じです。あん馬という種目が発展すべき方向性とは何となく違う感じがするので、あまり高い評価は得られないかもしれません。下向きと同じB難度、あるいはC難度と言ったところでしょうか。

実は、ずいぶん過去には試合での実施例も存在します。360°の場合は1周して支持部の向きが変わらないということになるのでこの動画のような実施になると思われます。

"あん馬の馬端馬背上向き360°転向"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]