2018年世界選手権代表選考の結果について

2018 JPN Team for Worlds


全日本種目別選手権が終わり、2018年世界選手権・ドーハ大会の代表選手が決定しました。すでに代表に決まっていた内村航平白井健三の2人に加え、新たに決まったのは谷川航田中佑典萱和磨の3人。どのようなプロセスを経て選考された(と思われる)のか、確認しておきましょう。



代表選考の方法は前回記事にしたとおりです。おさらいになりますが、ベースとなる内村、白井の3試合のうち各種目上位2試合の平均得点は以下のとおり。前回同様、一番左列の数字はNHK杯順位です(以下、同じ)。

FXPHSRVTPBHB
1内村航平14.59914.25014.13314.46614.60014.849
2白井健三15.43313.60013.54915.00014.56614.049

そして全日本種目別を終え、NHK杯3位から12位までの10人の選手の5試合のうち各種目上位3試合の平均得点は以下のとおりとなりました。下線は全日本種目別に出場した種目、太字は全日本種目別で平均得点を上昇させた種目、下段()は上昇させた得点です。

FXPHSRVTPBHB
3萱和磨13.97714.82214.13214.10014.91013.733
(0.156)(0.022)(0.178)
4谷川翔14.46614.53314.06614.44415.05513.911
(0.067)(0.145)(0.045)(0.078)(0.067)(0.767)(1.169)
5谷川航14.62213.89914.32114.99914.91113.055
(0.100)(0.277)(0.355)(0.732)
6千葉健太14.24414.43213.85513.97714.96613.722
(0.055)(0.256)(0.311)
7田中佑典14.04413.46614.14413.37715.26614.655
(0.089)(0.145)(0.122)(0.356)
8野々村笙吾13.81013.92214.66613.97714.91013.544
(0.112)(0.189)(0.301)
9田浦誠也13.94413.82113.43314.43314.59914.088
(0.023)(0.122)(0.145)
10前野風哉13.45513.75514.34414.27714.09914.066
(0.122)(0.178)(0.111)(0.411)
11神本雄也14.08812.93314.28813.36614.95513.711
(0.011)(0.011)
12荒屋敷響貴14.27714.55513.49913.78813.69913.133
(0.000)

谷川翔が6種目全てにエントリーし、大幅に平均得点を上昇させていますが、意外にもチーム得点の高い組合せはトップ3は以下のようになりました。

1st
FXPHSRVTPBHB
1内村航平14.59914.25014.13314.46614.60014.849
2白井健三15.43313.60015.00014.049
5谷川航 14.62213.89914.32114.99914.911
7田中佑典14.14415.26614.655
Total44.65441.74942.59844.46544.77743.553261.796

2nd
FXPHSRVTPBHB
1内村航平14.59914.25014.13314.46614.60014.849
2白井健三15.43315.00014.049
3萱和磨14.82214.13214.91013.733
5谷川航14.62213.89914.32114.99914.911
Total44.65442.97142.58644.46544.42142.631261.728-0.068

3rd
FXPHSRVTPBHB
1内村航平14.59914.25014.13314.46614.60014.849
2白井健三15.43315.00014.049
3萱和磨14.82214.13214.910
4谷川翔14.46614.53314.06614.44415.05513.911
Total44.49843.60542.33143.91044.56542.809261.718-0.010

なんとNHK杯5位の谷川航と7位の田中佑典の組合せがトップ。全日本種目別の大会前は第4位と、前回の記事では圏外にしていた組合せでした。本命だったNHK杯3位の萱和磨と4位の谷川翔の組合せは第3位にまで下がっています。

要因として、谷川航がつり輪、跳馬、田中が平行棒、鉄棒と得意種目で高得点を連発して平均得点を上昇させたこと、この2人が得意種目を補完し合うような効果的な組合せであったことが言えると思います。とはいえ、第2位、第3位の組合せとのチーム得点の差は0.100未満。上位の組合せは誰が来てもおかしくない僅差の勝負であったことが分かります。



5人目の代表はチーム得点と世界選手権:種目別決勝での表彰台の双方を考慮するということになっていますが、チーム得点のみを考えると上位は以下の選手となりました。Totalの下段()は5人目の選手が上昇させたチーム得点、いわゆる貢献度です。

1st
FXPHSRVTPBHB
1内村航平14.59914.25014.13314.46614.849
2白井健三15.43315.00014.049
5谷川航14.62213.89914.32114.99914.911
7田中佑典14.14415.26614.655
3萱和磨14.82214.910
Total44.65442.97142.59844.46545.08743.553263.328
(1.222) (0.310)(1.532)

2nd
FXPHSRVTPBHB
1内村航平14.59914.25014.13314.46614.60014.849
2白井健三15.43315.00014.049
5谷川航14.62213.89914.32114.99914.911
7田中佑典14.14415.26614.655
長谷川智将15.021
Total44.65443.17042.59844.46544.77743.553263.217-0.111
(1.421)(1.421)

3rd
FXPHSRVTPBHB
1内村航平14.59914.25014.13314.46614.849
2白井健三15.43315.00014.049
5谷川航14.62213.89914.32114.99914.911
7田中佑典14.14415.26614.655
4谷川翔14.533 15.055
Total44.65442.68242.59844.46545.23243.553263.184-0.033
(0.933)(0.455)(1.388)

ここで最も貢献度が高かったのは萱。あん馬と平行棒で合わせて1.532もチーム得点を上昇させました。谷川翔も同じくあん馬と平行棒でチームに貢献しますが、萱に及ばず第3位のポジションとなっています。そして、ここで第2位にまで食い込んできたのがNHK杯ランキング外のスペシャリスト長谷川智将。全日本個人予選からあん馬では常に高得点を出し続け、全日本種目別決勝では15点台をマーク。あん馬1種目だけで1.421もチーム得点を上げてきました。

5人目の代表は、チーム得点を優先して萱とするか、種目別決勝での表彰台を期待して長谷川とするか、がポイントであったと思われます。決め手は長谷川が全日本種目別決勝で出した15.133。2018年の国際大会における得点をまとめているCourtyard Tapirさんのこのスプレッドシートによると、今季のあん馬の上位は

1李智凱(台湾)15.333(WCC・オシエク大会:決勝)
2翁浩(中国)15.266(WC・バクー大会:予選)
3マックス・ウィットロック(イギリス)15.150(コモンウェルスゲームズ:予選)
3サミュエル・ミクラック(アメリカ)15.150(パシフィックリム選手権:個人総合)

であり、長谷川の15.133は世界のトップ3にわずかに及ばないことが分かります。代表選考に用いられた日本体操協会の世界ランキングがどのようなものであったかは分かりませんが、このような結果に基づき、チーム得点を優先して萱が選考されたのかもしれません。どこまでも仮定の話にはなりますが、長谷川が出した得点が15.166以上であればどうだったのか、気になるところではあります。


ともあれ、2018年世界選手権の日本チームはかなり強力なメンバーになったと思います。上の計算では内村が5種目演技することになっていますが、萱のつり輪は内村と端数処理の差しかなく、内村を4種目にすることも十分に可能でしょう。10月の世界選手権に向けた戦いがいよいよ本格化してきます。

"2018年世界選手権代表選考の結果について"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]