2018年ワールドチャレンジカップ・ギマランイス大会:種目別鉄棒の演技

2018 World Challenge Cup Guimaraes (POR) EF HB


2018年ワールドチャレンジカップ・ギマランイス大会:種目別鉄棒の上位選手と日本人選手の演技です。

VECSERNYES David (HUN)

動画が再生されない場合はこちらから。

1.ツォウ・リミンZou LiminCI
2.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
3.アドラーひねりJam 1/2DIII
4.伸身トカチェフTkatchev LayDII
5.コールマンKolmanEII
6.トカチェフTkatchevCII
7.リンチLynchDII
8.ヤマワキYamawakiDII
9.エンドーEndoBIII
10.ヘイデンDouble Back Lay 1/1 over BarDIV

D:5.7
E:8.350
Score:14.050

とび越し系の手放し技を主体とした構成に変わりはないが、以前に使っていたピアッティ(D)やピアッティひねり(E)が見られないのは惜しい。終末技のヘイデンは健在。安定した実施で着地も決める。


LERU Randy (CUB)

動画が再生されない場合はこちらから。

1.ツォウ・リミンZou LiminCI
2.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
3.リューキンLiukinFII
4.モズニクMoznikEII
5.アドラーひねりJam 1/2DIII
6.伸身トカチェフTkatchev LayDII
7.~トカチェフ+ TkatchevCII(CV:0.1)
8.~リンチ+ LynchDII(CV:0.1)
9.エンドー1回ひねり片大逆手Endo 1/1 to MGCIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.3
E:7.700
Score:14.000

予選ではリューキン~トカチェフという珍しい連続を見せたが、決勝では回避。伸身トカチェフからの3連続に変えている。Dスコアは0.1ダウン。着地は止めるがEスコアが思ったより伸びなかったか。


CERDA Kevin (MEX)

動画が再生されない場合はこちらから。

1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.コールマンKolmanEII
3.伸身トカチェフTkatchev LayDII
4.リンチLynchDII
5.エンドー1回ひねり片大逆手Endo 1/1 to MGCIII
6.ヤマワキYamawakiDII
7.トカチェフTkatchevCII
8.シュタルダーStalderBIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.7
E:7.950
Score:13.650

コールマンの他、4つのとび越し系の手放し技を入れ演技を通す。


4th 柚木健大朗 YUNOKI Kentaro (JPN)

動画が再生されない場合はこちらから。

1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.コールマンKolmanEII
3.後方浮腰回転後ろ振り出し順手背面懸垂Stoop in to Back TossCIII
4.順手背面車輪Czech GiantDI
5.ケステKosteCIII
6.ヤマワキYamawakiDII
7.エンドー1回ひねり大逆手Endo 1/1 to ElDIII
8.大逆手車輪Giant ElBI
9.大逆手エンドーEndo ElCIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.7
E:7.850
Score:13.550

最近流行の順手背面車輪を取り入れている。着地が前に大きく動いてしまった。



Dスコア5.7が5人という団子状態、実施勝負の決勝となりました。優勝したのは長身のスペシャリスト、ベチェルニェス。ただ一人Eスコア8点台を出しました。レルーは頭一つ抜き出たDスコアで予選1位でしたが決勝では0.05差の2位に。柚木も予選2位から順位を落としてしまいました。

"2018年ワールドチャレンジカップ・ギマランイス大会:種目別鉄棒の演技"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]