2018年ワールドカップ・ドーハ大会:種目別平行棒の演技

2018 Individual Apparatus World Cup Doha (QAT) EF PB


2018年種目別ワールドカップ・ドーハ大会:平行棒の上位選手と日本人選手の演技です。

ZOU Jingyuan (CHN)


1.ツォラキディスFront Uprise MakutsGII
2.マクーツMakutsEI
3.リチャードFront Uprise DiamidovEII
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
6.ササキ5/4 Front Strd to HangEI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:7.0
E:9.200
Score:16.200

2017年以降で最高のDスコアを持ち、世界選手権でも優勝しているが、この期に及んでさらに難度を上げてきた。ツォラキディスを入れる前に使っていたマクーツを復活させ、Dスコアは驚異の7.0。リチャードの後の車輪(C)はもはやDスコアには関与しないが、そのまま入れている。実施もササキの後の倒立ひねりが反ってしまった以外は完璧と言っていい。終末技も見事な姿勢でピタリと決める。


XIAO Ruoteng (CHN)


1.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
2.タナカTanakaFIII
3.ドミトリエンコDimitrenkoEII
4.ヒーリーHealyDI
5.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
6.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
7.ベーレBelleDIII
8.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
9.チッペルトTippeltDIII
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:6.5
E:8.733
Score:15.233

前振り上がりひねり倒立やタナカを入れて大きく難度を上げている。タナカやドミトリエンコの受けでは減点されていると思われるが、全体的な実施は良好で着地も止める。これだけ難度をアップさせながらこの実施は見事。


ARICAN Ferhat (TUR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
3.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.リチャードFront Uprise DiamidovEII
6.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
7.マクーツMakutsEI
8.ヒーリーHealyDI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.5
E:8.666
Score:15.166

ところどころで実施の乱れはあるが大きなミスなく演技を通し、着地も止めた。


5th 神本雄也 KAMOTO Yuya (JPN)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.後ろ振り倒立Back Swing to HdstAI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
6.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.0
E:8.566
Score:14.566

動画は1:41:09から、またはこちらから。つり輪と同様、平行棒も難度は抑え気味。実施はまずまずだったが、Dスコアで上位に届かず。


6th 加藤凌平 KATO Ryohei (JPN)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
3.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
4.懸垂前振り後方かかえ込み宙返りひねり腕支持Giant Back Toss 1/2DIII
5.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
6.ベーレBelleDIII
7.チッペルトTippeltDIII
8.モリスエMorisueDI
9.ヒーリーHealyDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.3
E:8.266
Score:14.566

動画は1:25:36から、またはこちらから。久々に2016年リオデジャネイロオリンピックと同じ技を揃えてきた。Dスコアは6.3と2017年以降でおそらく最高。



平行棒の上位選手はDスコアの高い選手で占められました。特に鄒敬園のDスコアは圧倒的で、さらに実施まで備わっていては手のつけようがありません。このまま東京オリンピックまで突っ走ってしまうのでしょうか。

"2018年ワールドカップ・ドーハ大会:種目別平行棒の演技"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]