2017年豊田国際(1日目)レポート

2017 Toyota International (Day 1) Report


2017年豊田国際1日目のレポートです。

20171209_01.jpg

#1 ゆか FX

白井健三がDスコア7.2の構成をミスなく通し15.800で圧勝。16点台が出るかとすら思わせた。谷川航もラインオーバーこそあったがDスコア6.0を安定した実施で通して2位に入った。

3位はジェレミー・バーソロメウス(カナダ)。序盤にアラビアンダブル(D)や後方3回ひねり(D)というユニークな構成を見せた。佐藤巧は14.400を出したがオープン参加のため順位は付かず。

DEPenScore
白井健三 SHIRAI Kenzo (JPN)7.28.60015.800
谷川航 TANIGAWA Wataru (JPN)6.08.7000.114.600
BERTHOLOMEUSZ Jeremy (CAN)5.48.1750.313.275



#2 あん馬 PH

杉野正尭がGコンバインを入れたDスコア6.6の構成を通して優勝。後半にフロップ(E)やショーン(E)がくる異色の構成。サイードレザ・ケイハ(イラン)も開脚旋回を多用した独特の構成で会場を沸かせる。ピネーロ(D)、ケイハ2(C)、アイヒホルン(E)などを見せていた。

亀山耕平もDスコア6.1の構成だったが、ウ・グォニアンで脚が割れるなど実施減点を伴った。出場選手が5人という少々寂しいエントリーとなったあん馬だったが十分に見応えがあった。

DEPenScore
杉野正尭 SUGINO Takaaki (JPN)6.68.25014.850
KEIKHA Saeedreza (IRI)6.18.17514.275
亀山耕平 KAMEYAMA Kohei (JPN)6.17.92514.025



#3 つり輪 SR

陳智郁(台湾)がDスコア6.1の構成かつ安定した実施を見せる。先に演技した武田一志もいい実施だったがDスコア5.9と抑えめの構成でありわずか0.050まくられてしまった。

3位には谷川航。振動倒立で乱れがあったが、後転中水平(F)を取り入れDスコア6.0と大きく難度を上げていた。つり輪でもオープン参加の佐藤巧が14.050を出していた。

DEPenScore
CHEN Chih-Yu (TPE)6.18.45014.550
武田一志 TAKEDA Kazuyuki (JPN)5.98.60014.500
谷川航 TANIGAWA Wataru (JPN)6.07.90013.900

"2017年豊田国際(1日目)レポート"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]