2017-2020年ルールにおける最高Dスコア

2017-2020 Highest D-Score


現時点における各種目の世界最高Dスコアとなる演技構成をまとめておきます。こうやってどこかに書いておかないと自分でも分からなくなってしまうので。今後の大会でDスコアが更新された場合は、記事も随時アップデートしていきます。

つり輪を更新しました。

1. ゆか FX

白井健三 - 2017年種目別ワールドカップ・メルボルン大会:種目別決勝
SHIRAI Kenzo (JPN) - 2017 Individual Apparatus World Cup Melbourne (AUS) EF


1.シライ3Double Back Lay 3/1 HIII
2.リ・ジョンソンDouble Back 3/1GIII
3.前方かかえ込み宙返り1回ひねりFront 1/1BII
4.~シライ2+ Front Lay 3/1FII(CV:0.1)
5.伸膝前転脚前挙支持経過倒立Endo Roll Pk to HdstCI
6.後方伸身宙返り7/2ひねりBack Lay 7/2EIII
7.~前方伸身宙返り3/2ひねり+ Front Lay 3/2CII
8.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
9.~前方伸身宙返り5/2ひねり+ Front Lay 5/2EII(CV:0.2)
10.シライ/グエンBack Lay 4/1FIII

D:7.2

ルール改訂から間もないこの大会でいきなり観るものの度肝を抜くDスコア7.2の構成を見せた。その後、微妙に構成を変えながら7.2のDスコアで演技を続けている。


2. あん馬 PH

マックス・ウィットロック(イギリス) - 2018年世界選手権:団体決勝
WHITLOCK Max (GBR) - 2018 Worlds Doha (QAT) TF


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.Gコンバイン2 Flops + R1080GII
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.ブスナリBusnariFII
5.マジャール・シュピンデルLoop 1/1 SpindleDII
6.開脚マジャールFlair MagyarEIII
7.ウルジカ2Urzica2EIII
8.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
9.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
10.DSA倒立450°ひねり3/3移動下りDSA to Hdst Travel 3/3 450EIV

D:7.0

2018年世界選手権、予選はDスコア6.7、種目別決勝は6.8だったが団体決勝で7.0を出している。試合の動画は見つかっていないが、Gコンバインを入れた構成と思われ、大会前には上のような練習動画も公開されていた。


3. つり輪 SR

劉洋(中国) - 2019年ミリタリーワールドゲームズ:団体決勝
Liu Yang (CHN) - 2019 Military World Games Wuhan (CHN) TF


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
3.バランディン2Vertical Pull Up to Inv-CrossFII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossDIII
6.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
7.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
8.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
9.ナカヤマBack Lever to CrossDII
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.6

劉洋が2019年に入り頭一つ抜き出る6.6を達成。次点となる6.5にはコートニー・タロック(イギリス)や尤浩(中国)が続いている。


4. 跳馬 VT

リ・セグァン(北朝鮮) - 2018年世界選手権・ドーハ大会
RI Se-Gwang (PRK) - Worlds Doha (QAT)



D
1.リ・セグァン2Hdsp Double Front Pk 1/26.0
2.リ・セグァンKasamatsu Double6.0

2018年ワールドカップ・ドーハ大会で6.0を2本跳んでいたが動画が確認されていなかった。2018年世界選手権では予選、種目別決勝ともこの2本を揃えてきた。


5. 平行棒 PB

鄒敬園(中国) - 2018年ワールドカップ・ドーハ大会
ZOU Jingyuan (CHN) - 2018 World Cup Doha (QAT)


1.ツォラキディスFront Uprise MakutsGII
2.マクーツMakutsEI
3.リチャードFront Uprise DiamidovEII
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
6.ササキ5/4 Front Strd to HangEI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:7.0

平行棒の最前線を突っ走る鄒敬園の究極の構成。ついにツォラキディスを入れて7.0にまで達した。DスコアだけでなくEスコアもぶっちぎりで他の追随を許さない。


6. 鉄棒 HB

内村航平 - 2017年全日本種目別選手権:決勝
UCHIMURA Kohei (JPN) - 2017 JPN Apparatus Nationals EF


1.屈身コバチKovacs PkEII
2.カッシーナCassinaGII
3.~コールマン+ KolmanEII(CV:0.2)
4.シュタルダーとび3/2ひねり片大逆手Stalder Hop 3/2 to MGDIII
5.アドラーひねりJam 1/2DIII
6.ゲイロード2Gaylord2EII
7.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
8.ヤマワキYamawakiDII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.9

内村が2017年全日本種目別で見せた構成。国際大会ではユプケ・ゾンダーランド(オランダ)の6.8が最高。なお、齊藤優佑が落下ありながら2017年全日本種目別選手権決勝で7.0を出している。

"2017-2020年ルールにおける最高Dスコア"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]