2023年世界選手権:種目別あん馬の演技

2023 Worlds Antwerp (BEL) EF PH


2023年世界選手権・アントワープ大会:種目別あん馬の演技です。

MCCLENAGHAN Rhys (IRL)


1.後ろ振り倒立Back Swing to HdstCI
2.Gコンバイン2 Flops + R1080GII
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.あん部馬背ロシアン1080°転向Russian 1080 btw PommelsEII
5.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
6.マジャールMagyarDIII
7.シバドSivadoDIII
8.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
9.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
10.DSA倒立450°ひねり3/3移動下りDSA to Hdst Travel 3/3 450EIV

D:6.4
E:8.700
Score:15.100

ベズゴ(E)は抜いた構成。非常に安定感のある旋回を見せ、スムーズに演技を通した。


YOUNG Khoi (USA)


1.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
2.ブスナリBusnariFII
3.両把手を越えて横移動Side Hop Travel 3/3DIII
4.Dコンバイン2 Flops + R180DII
5.Eフロップ4 FlopsEII
6.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
7.縦向き前移動(両把手を越えて馬端~馬端)Front Loop Travel over Both PEIII
8.シバドSivadoDIII
9.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.5
E:8.466
Score:14.966

縦向き前移動をマジャール(D)から1-5の移動にして難度を上げている。終末技はE難度を予定していたため、Dスコアは0.1下がってしまったが、全体的にスムーズな実施を見せた。


ABU AL SOUD Ahmad (JOR)


1.ミクラックMikulakDI
2.ヴァメンVammenEIII
3.ニン・レイエス2Nin Reyes2EIII
4.トン・フェイTong FeiDIII
5.縦向き前移動(両把手を越えて馬端~馬端)Front Loop Travel over Both PEIII
6.シバドSivadoDIII
7.Dコンバイン2 Flops + R180DII
8.ショーンSohnEII
9.Dフロップ3 FlopsDII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.4
E:8.233
Score:14.633

ショーンで大きく乱れるが立て直す。フロップはベルトンチェリから入るFフロップを実施することもあるが、今回はDフロップ。そのまま終末技につなげて下りる。


4th MERDINYAN Harutyun (ARM)


1.正交差横移動ひねり逆交差入れFront Double Scissor Travel SdwCI
2.ショーンSohnEII
3.Dコンバイン2 Flops + R180DII
4.Eフロップ4 FlopsEII
5.あん部馬背ロシアン1080°転向Russian 1080 btw PommelsEII
6.縦向き後ろ移動(2/3)Back Loop Travel 2/3BIII
7.マジャールMagyarDIII
8.シバドSivadoDIII
9.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
10.DSA倒立3/3移動下りDSA to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.0
E:8.600
Score:14.600

終末技はE難度を見せることもあるが、今回はD難度。非常に安定感のある実施を見せた。


5th WHITLOCK Max (GBR)


1.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
2.Gコンバイン2 Flops + R1080GII
3.あん部馬背ロシアン1080°転向Russian 1080 btw PommelsEII
4.Eフロップ4 FlopsEII
5.ブスナリBusnariFII
6.両把手を越えて横移動Side Hop Travel 3/3DIII
7.ロス〈この後、落下〉Russian Travel 3/3 360DIII
8.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
9.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
10.DSA倒立450°ひねり3/3移動下りDSA to Hdst Travel 3/3 450EIV

D:6.9
E:7.400
Score:14.300

フロップで旋回が乱れるが1ポメル上で立て直してブスナリにつなげてしまうのはさすが。しかしその後、ロスの後の旋回でバランスを崩して落下してしまう。Dスコア6.9のフル構成だったが、惜しい実施となってしまった。


6th 千葉健太 CHIBA Kenta (JPN)


1.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
ショーン〈失敗〉Sohn
2.ブスナリBusnariFII
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.Dコンバイン2 Flops + R180DII
5.トン・フェイTong FeiDIII
6.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
7.縦向き前移動(1-2-5)Front Loop Travel 1-2-5DIII
8.シバドSivadoDIII
9.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
10.下向き逆移動倒立3/3移動下りBack Stöckli to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.1
E:8.100
Score:14.200

ショーン(E)を入れてDスコアアップを狙うがそのショーンが成立しなかった。続くブスナリやフロップもやや乱れが見られたが、その後は立て直す。終末技もD難度になった。予定のDスコアは6.5か。


7th DUNKEL Nils (GER)


1.後ろ振り倒立Back Swing to HdstCI
2.Eコンバイン2 Flops + R360EII
3.ショーンSohnEII
4.Eフロップ4 FlopsEII
5.両把手を越えて横移動Side Hop Travel 3/3DIII
6.トン・フェイTong FeiDIII
7.縦向き前移動(1-2-5)Front Loop Travel 1-2-5DIII
8.シバドSivadoDIII
9.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
10.DSA倒立3/3移動下りDSA to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.2
E:7.566
Score:13.766

ショーンで大きく乱れたほか、全体的に旋回に乱れがあり、落下や技の失敗はなかったがEスコアは伸びなかった。


8th 李智凱 LEE Chih-Kai (TPE)


1.後ろ振り倒立Back Swing to HdstCI
2.下向き逆移動倒立3/3移動下ろして旋回Back Stöckli to Hdst 3/3 Lower to FlairEII
3.ピネーロCzechkehr outside PommelsDII
4.ケイハFlair 1/1 Spindle outside PommelsFII
5.アイヒホルンFlair 1/1 Spindle Travel and ReturnEII
6.両把手を越えて横移動Side Hop Travel 3/3DIII
7.縦向き3/3前移動1回ひねり〈落下して再試技〉Front Travel 3/3 1/1 SpindleEIII
8.シバドSivadoDIII
9.縦向き前移動(両把手を越えて馬端~馬端)Front Loop Travel over Both PEIII
10.下向き逆移動倒立3/3移動下りBack Stöckli to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.5
E:7.000
Score:13.500

2技目のE難度の倒立技が乱れる。落下はせず立て直すが、7技目の縦向き3/3前移動1回ひねりで落下してしまった。アジア競技大会からの連戦の疲れが出たか。終末技もバランスを崩して落下するように下りる。



マクレナガンは2022年に続く2連覇達成。最終演技者で登場しましたが、すでに李智凱やウィットロックが落下していたため、余裕を持って演技に臨めたかもしれません。2位には予選も2位通過だったヤング。初代表の20歳が堂々の活躍を見せました。Dスコアはウィットロックが突き抜けていますが、上位を狙うためには6.5前後は必要と言ったところでしょうか。

あん馬も名だたるスペシャリストが予選落ちしています。リザーブにガギク・ハチキャン(アルメニア)、ローラン・デ・ムンク(オランダ)。マトヴェイ・ペトロフ(アルバニア)やナリマン・クルバノフ(カザフスタン)も予選通過できませんでした。

この記事へのコメント

  • かみん

    マクレナガン選手の逆交差倒立は、交差の定義からして大丈夫なのでしょうか。思い切り両足振動で、下半身は完全に縦向きになっている(片手で支持している関係で上半身はかろうじて横向き)ように見えて、「片足振動で脚部の入替」という交差の定義を満たしているのか、少し疑問に思いました。細かいところはよくわからないですがどうなのでしょう?
    2023年10月22日 23:02
  • Ka.Ki.

    いわゆる「逆交差倒立」は、もともと交差の局面がない技(そのため当ブログでは「後ろ振り倒立」と表記しています)なので、その意味では問題はないのですが、マクレナガン選手の下半身の向きは確かに気になりますね。今のところ、ルール上の問題はないようですが、今後何らかの制限や要件が通達される可能性がないとは言えないと思います。
    2023年10月24日 22:08