張博恒 - 2023年中国選手権:個人総合の演技

ZHANG Boheng (CHN)
2023 CHN Naitonals Jinan AA


先日「2022年」中国個人選手権が行われたばかりですが、ほとんど間を空けず2023年中国選手権が開催されています。個人総合は張博恒が2連覇。演技を見ていきましょう。

#1 ゆか FX


1.前方伸身宙返り2回ひねりFront Lay 2/1DII
2.~前方屈身2回宙返り+ Double Front PkEII(CV:0.2)
3.後方伸身宙返り7/2ひねりBack Lay 7/2EIII
4.前方伸身宙返り5/2ひねりFront Lay 5/2EII
5.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
6.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
7.~前方伸身宙返り+ Front LayBII(CV:0.1)
8.フェドルチェンコFedorchenkoCI
9.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:6.1
E:8.800
Score:14.900

2022年世界選手権・リバプール大会の予選で見せた構成とDスコア6.1は同じだが、内容はかなり変わっている。昨年は前方1回~前方屈身ダブル(C+E)、後方5/2~前方ダブル(D+D)を使っていたが、今年は前方2回~前方屈身ダブル、後方7/2を入れてきた。ここからさらに後方5/2~前方ダブルを入れてくる可能性はあるだろうか。着地は全体的に少しずつ動くが、最後の後方3回はピタリと止めてみせた。


#2 あん馬 PH


1.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
2.後ろ振り倒立Back Swing to HdstCI
3.ショーンSohnEII
4.Dコンバイン2 Flops + R180DII
5.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
6.トン・フェイTong FeiDIII
7.マジャールMagyarDIII
8.シバドSivadoDIII
9.馬端馬背ロシアン720°転向Leather Russian 720CII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:5.9
E:8.100
Score:14.000

あん馬は2022年から使っているDスコア6.0の構成を狙ったが、終末技前のロシアン転向が720°になってしまい、Dスコアが0.1下がってしまう。ところどころ旋回が揺れて、全体的に安定感に欠ける印象の実施になってしまった。


#3 つり輪 SR


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseEII
3.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
7.アザリアンBack Roll to CrossDII
8.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.2
E:8.400
Score:14.600

2022年世界選手権・リバプール大会とDスコアは同じだが、構成を変えている。後ろ振り上がり十字倒立(E)を抜いて、後転上水平を入れており、ほん転逆上がり倒立(C)もヤマワキに替わっている。構成の試行錯誤が続いている段階か。後方け上がりでは少し、後ろ振り上がり上水平ではかなり足先が下がっているように見える。新月面の着地は片足1歩動く。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ロペスKasamatsu Lay 2/1I5.69.20014.800

跳馬はロペス。着手時の手の位置が相変わらず気になる。空中姿勢は悪くない。着地は両足1歩跳ねる


#5 平行棒 PB


1.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
2.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
3.リチャードFront Uprise DiamidovEII
4.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
5.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
6.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2EIV

D:6.4
E:8.750
Score:15.150

平行棒は従来構成のDスコア6.4。シャルロから単棒ヒーリーは安定感のある実施。一方、いわゆる爆弾カットやバブサーの開脚の表現には不満が残る。着地は両足1歩跳ねる。


#6 鉄棒 HB


1.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
2.アドラーひねりJam 1/2DIII
3.~コールマン+ KolmanEII(CV:0.2)
4.カッシーナCassinaGII
5.伸身トカチェフTkatchev LayDII
6.後方浮腰回転後ろ振り出し順手背面懸垂Stoop in to Back TossCIII
7.順手背面車輪Czech GiantDI
8.ケステKosteCIII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.4
E:8.300
Score:14.700

使っている10技は従来から変わりないが、アドラーひねりからコールマンを連続させて組合せ加点0.2を稼いでくる。コールマンは単発で行うよりは小さくなっている印象だが、身体を伸ばす局面を見せているのは見事。順手背面車輪でも安定した実施を見せている。伸身新月面の着地は後ろに大きく乱れてしまった。

Total Score:88.150 (Total D:36.6)
Combined Total:174.900
Rank:1st



張博恒が合計点を88点台の大台に乗せて優勝。合計Dスコアも36.6、団体決勝ではあん馬で予定の構成を通して36.7を出しており、これは世界最高の合計Dスコアになると思われます。

Eスコアは全体的にやや甘く出ている感がありますが、ともあれ2023年世界選手権における個人総合も橋本大輝との一騎打ちとなることは確実でしょう。現時点では橋本が本調子でないこともあり、張博恒に分があるように思えますが、世界選手権まではまだ少し時間があります。2021年、2022年のような息詰まる戦いを期待したいと思います。

この記事へのコメント