ジョー・フレイザー - 2022年ヨーロッパ選手権:個人総合の演技

FRASER Joe (GBR)
2022 Europeans Munich (GER) AA


偶数年のヨーロッパ選手権は通例ならば団体と種目別のみのはずですが、今大会は個人総合も行われたようです。といっても日程が増えたわけではなく、予選の結果で個人総合チャンピオンを決めており、ちょっとおまけっぽい感じでもありました。優勝したジョー・フレイザー(イギリス)の演技を確認しておきましょう。

#1 ゆか FX


1.前方屈身2回宙返りDouble Front PkEII
2.前方伸身宙返りFront LayBII
3.~前方かかえ込み2回宙返り+ Double FrontDII(CV:0.1)
4.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
5.~前方伸身宙返り3/2ひねり+ Front Lay 3/2CII
6.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
7.フェドルチェンコFedorchenkoCI
8.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
9.後ろとびひねり前方かかえ込み2回宙返りArabian DoubleDIII
10.後方かかえ込み2回宙返り1回ひねりDouble Back 1/1DIII

D:5.6
E:8.033
Score:13.633

2022年全英選手権と比べると新月面を抜いており、Dスコアは0.1下がっている。全体的には実施をまとめている。最後の月面はやや後ろに動く。


#2 あん馬 PH


1.後ろ振り倒立Back Swing to HdstCI
2.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
3.あん部馬背ロシアン1080°転向Russian 1080 btw PommelsEII
4.Eフロップ4 FlopsEII
5.Dコンバイン2 Flops + R180DII
6.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
7.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
8.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
9.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
10.一把手上縦向き旋回倒立450°ひねり3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3 450EIV

D:6.1
E:8.500
Score:14.600

2022年全英選手権と比べるとあん部馬背ロシアン転向などを取り入れているが、Dスコアの変動はない。縦向き移動が入らない珍しい演技となっている。


#3 つり輪 SR


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseEII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheBIII
7.伸腕屈身力倒立Pike Press to HdstBII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.6
E:8.666
Score:14.266

開脚上水平は2022年のルール改訂で格下げになって実施者が減っているが、正確な姿勢で決めている。新月面の着地は小さく1歩動く。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ドリッグスKasamatsu Lay 3/2I5.29.2000.114.300

跳馬はドリッグス。空中姿勢はやや甘いか。着地は前に1歩大きく踏み出し、ラインを割ってしまう。


#5 平行棒 PB


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.車輪ディアミドフGiant DiamidovEIII
3.タナカTanakaFIII
4.ピアスキーBack Giant to 1 Rail HdstDIII
5.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
6.ヒーリーHealyDI
7.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
8.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2EIV

D:6.5
E:8.566
Score:15.066

平行棒はコモンウェルスゲームズから見せている構成。車輪ディアミドフからタナカの連続が良い。着地をピタリと決めて高得点を出す。


#6 鉄棒 HB


1.後ろ振り上がり倒立Back UpriseAI
2.前方車輪Front GiantAI
3.アドラーひねりJam 1/2DIII
4.~コールマン+ KolmanEII(CV:0.2)
5.後方車輪Back GiantAI
6.カッシーナCassinaGII
7.伸身トカチェフTkatchev LayDII
8.ツォウ・リミンZou LiminCI
アドラー1回ひねり片逆手〈失敗〉Jam 1/1 to MG
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.5
E:8.200
Score:13.700

元々技が足りていないが、さらにアドラー1回ひねり片逆手(D)で振り戻ってしまった。アドラーひねり~コールマンなど手放し技はいずれも無難に決め、着地も止めた。

Total Score:85.565 (Total D:34.5)
Rank:1st



鉄棒ではミスもありましたが、あん馬と平行棒では全体1位のスコアを出し、2位のアーメット・オンダー(トルコ)や3位のアデム・アシル(
(トルコ)をかわして見事ヨーロッパチャンピオンに輝きました。

合計Dスコアは34.5とそこまで高くはありませんが、バランスの良い6種目の演技を見せました。鉄棒でアドラー1回ひねりを決めていれば、86点台が取れていたでしょう。地元イギリス開催となる今年の世界選手権での活躍が期待されます。

この記事へのコメント