2022年ヨーロッパ選手権:種目別平行棒の演技

2022 Europeans Munich (GER) EF PB


2022年ヨーロッパ選手権・ミュンヘン大会:種目別平行棒の演技です。

FRASER Joe (GBR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.車輪ディアミドフGiant DiamidovEIII
3.タナカTanakaFIII
4.ピアスキーBack Giant to 1 Rail HdstDIII
5.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
6.ヒーリーHealyDI
7.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
8.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2EIV

D:6.5
E:8.833
Score:15.333

優勝した先日のコモンウェルスゲームズと同じ構成。終始良好な実施を見せ、ピアスキーの安定感は特に際立っている。構成としては後半に棒下倒立系を持ってきているところが珍しい。着地もわずかに跳ねる程度に収める。


KOVTUN Illia (UKR)


1.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
2.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
3.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
4.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
5.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
6.ディアミドフひねり5/4 Diamidov to 1/4DI
7.マクーツMakutsEI
8.ヒーリーHealyDI
9.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
10.前方かかえ込み2回宙返り下りDouble FrontEIV

D:6.6
E:8.733
Score:15.333

4連勝したワールドカップシリーズと構成は同じ。実施も非常に安定している。着地は1歩跳ねる。


REGINI-MORAN Giarnni (GBR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.リチャードFront Uprise DiamidovEII
3.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
6.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:6.3
E:8.566
Score:14.866

コモンウェルスゲームズではDスコア6.1だったが、今回はバブサーを入れてDスコアを0.2上げている。良好な実施で、屈身ダブルの着地も止める。


4th MIR Nicolau (ESP)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
3.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
4.チッペルトTippeltDIII
5.バブサーBhavsarEIII
6.ディアミドフDiamidovCI
7.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
8.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:5.9
E:8.833
Score:14.733

こちらも安定した実施。着地は高い姿勢でピタリと決める。


5th LEVANTESI Matteo (ITA)


1.前振り上がりFront UpriseAII
2.ヒーリーHealyDI
3.車輪ディアミドフGiant DiamidovEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.チッペルトTippeltDIII
6.バブサーBhavsarEIII
7.ハラダFront Uprise Back Toss 1/2DII
8.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:5.7
E:8.733
Score:14.433

最初の前振り上がりの後の後ろ振り倒立(A)で静止することなくヒーリーを実施しているが、Eスコアを見る限り問題はなさそう。ワールドカップ・コトブス大会の時とはかなり構成が異なっており、どちらかというと2018年頃の構成に近い。着地は堪えたがわずかに動く。


6th ONDER Ahmet (TUR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.車輪ディアミドフGiant DiamidovEIII
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.マクーツMakutsEI
6.前方開脚5/4宙返り支持5/4 Front Strd to SupEI
7.伸腕屈身力倒立Pike Press to HdstBI
8.ヒーリーHealyDI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2EIV

D:6.2
E:8.166
Score:14.366

いわゆるホンマはきれいに決めるが、シャルロ(E)から単棒ヒーリー(E)に持ち込めなかった。前振りひねり倒立で歩いてしまったり、その後の実施も精彩を欠いた。


7th ARICAN Ferhat (TUR)


1.リチャードFront Uprise DiamidovEII
2.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
3.シャルロ〈落下して再試技〉Basket to 1 Rail HdstEIII
4.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
5.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
6.マクーツMakutsEI
7.ヒーリーHealyDI
8.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
9.ディアミドフDiamidovCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2EIV

D:6.5
E:7.200
Score:13.700

シャルロでバランスを崩し落下してしまうが、再び実施して単棒ヒーリーまで持ち込む。その後は安定した実施を見せた。


8th DAUSER Lukas (GER)


1.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
2.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
3.ツォラキディスFront Uprise MakutsGII
4.倒立ひねりPirouetteAI
5.リチャードFront Uprise DiamidovEII
6.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
マクーツ〈落下〉Makuts
7.ヒーリーHealyDI
8.ディアミドフDiamidovCI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2EIV

D:6.2
E:7.433
Score:13.633

何と得意のマクーツ(E)でまさかの失敗。落下してしまう。着地も決まらなかった。



フレイザーがコモンウェルスゲームズに続いて優勝。今大会は個人総合も制しています。以前から活躍しているような気がしますが、まだ23歳の選手。パリオリンピックに向けた注目株の一人として一躍名を上げたと言えるでしょうか。2位は同点でコフトゥン。Eスコア優先のタイブレイクで優勝は譲っていますが、母国に戻れない中でのこの活躍には言葉がありません。

3位にはレジニ=モラン。Dスコアを上げて挑んできましたが、1位、2位には及びませんでした。以下、5位までは実施も良好で目立ったミスも見られませんでしたが、結果的にはDスコアが高い選手がEスコアも高いというような状況になっています。

この記事へのコメント