2022-2024年ルールにおける最高Dスコア

2022-2024 Highest D-Score


2022-2024年ルールにおける各種目の世界最高Dスコアとなる演技構成をまとめておきます。今後の大会でDスコアが更新された場合は、記事も随時アップデートしていきます。

ゆか、あん馬、つり輪を更新しました。

1. ゆか FX

南一輝 - 2022年全日本シニア選手権
MINAMI Kazuki (JPN) - 2022 JPN Senior Nationals AA


1.後方かかえ込み2回宙返り5/2ひねりDouble Back 5/2FIII
2.~前方伸身宙返り2回ひねり+ Front Lay 2/1DII(CV:0.2)
3.リ・ジョンソンDouble Back 3/1GIII
4.シライ2Front Lay 3/1FII
5.正面支持臥から伸腕屈身力倒立Prone Press to HdstBI
6.後方伸身宙返り7/2ひねりBack Lay 7/2EIII
7.~前方伸身宙返り1回ひねり+ Front Lay 1/1CII
8.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
9.~前方伸身宙返り5/2ひねり+ Front Lay 5/2EII
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:6.8

2022年全日本シニア選手権で実施。最初の新月面ひねり~前方2回は驚異的な連続。その後もリ・ジョンソン、シライ2と高難度の技を見せる。


2. あん馬 PH

杉野正尭 - 2022年全日本シニア選手権
SUGINO Takaaki (JPN) - 2022 JPN Senior Nationals AA


1.ミクラック〈落下して再試技〉MikulakDI
2.ドリッグスDriggsFIII
3.シバドSivadoDIII
4.Eフロップ4 FlopsEII
5.Hコンバイン(BeLR1080)Bertoncelj + 1 Flop + R1080HII
6.ショーンSohnEII
7.モギルニーMoguilnyDIII
8.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
9.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
10.DSA倒立3/3移動下りDSA to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.9

いきなり最初のミクラックで落下してしまうが、やり直しての演技を最後まで通す。ドリッグスやHコンバインといった珍しい高難度技をしっかり決めている。


3. つり輪 SR

尤浩 - 2022年中国選手権
YOU Hao (CHN) - 2022 CHN Nationals Hangzhou EF SR


1.バランディン2Vertical Pull Up to Inv-CrossFII
2.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
3.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.伸身グチョギーGuczoghy LayEI
6.アザリアンBack Roll to CrossDII
7.伸腕伸身中水平支持Press to MalteseEII
8.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
9.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1FIV

D:6.7

バランディン系の連続から入る。高難度技のオンパレードで最後も伸身新月面を決める。


4. 跳馬 VT

米倉英信 - 2022年全日本種目別:決勝
YONEKURA Hidenobu (JPN) - 2022 JPN Apparatus Nationals EF


D
1.リ・セグァンKasamatsu DoubleIII6.0
2.ヨネクラKasamatsu Lay 5/2I6.0

2022年全日本種目別で米倉がDスコア6.0を2本跳んだ。ただし、2本とも着地で転倒し、ラインオーバーも付くという不完全な出来だった。


5. 平行棒 PB

カラン・フィリップス(アメリカ) - 2022年全米選手権
PHILLIPS Curran (USA) - 2022 USA Nationals


1.横向き逆上がり1/4ひねり倒立Shoot Up 1/4 to HdstDIII
2.ツォラキディス2Front Uprise 5/4 Diamidov to 1/4FII
3.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
4.リチャードFront Uprise DiamidovEII
5.ツォラキディスFront Uprise MakutsGII
6.マクーツMakutsEI
7.ヒーリーHealyDI
8.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
9.ディアミドフひねり5/4 Diamidov to 1/4DI
10.前方かかえ込み2回宙返り下りDouble FrontEIV

D:6.9

フィリップスが2022年全米選手権で自らの持つ世界最高Dスコアを6.9に更新した。腕支持系の高難度技で大きくDスコアを稼いでいる。


6. 鉄棒 HB

橋本大輝 - 2022年全日本選手権:決勝
HASHIMOTO Daiki (JPN) - 2022 Nationals AA


1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.~リューキン+ LiukinFII(CV:0.2)
3.カッシーナCassinaGII
4.コールマンKolmanEII
5.伸身トカチェフTkatchev LayDII
6.~トカチェフ+ TkatchevCII(CV:0.1)
7.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
8.シュタルダーStalderBIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.7

鉄棒は橋本のこの構成。高難度の手放し技、連続技で大きくDスコアを上げている。これでも十分すごい構成だが、シュタルダーとび3/2ひねり片大逆手の導入など、まだまだDスコアを上げる余地がある。

この記事へのコメント