本家本元:ギンガー

Originators : Gienger


本家本元、今回は鉄棒のギンガー(後方屈身宙返りひねり懸垂)。この技もまだ本家本元でやっていなかった技です。

ギンガー(C) Gienger
20220512_01.png

発表者はエバーハルト・ギンガー(旧西ドイツ)。発表年は諸説あるようですが、1977年ワールドカップで発表したというのがわが国では定説のようです(1)。動画は1981年世界選手権・モスクワ大会のものが見つかりました。



C難度の手放し技で、かつてはよく見られる技でしたが、近年は実施がめっきり減りました。2017-2021年ルール下では、組合せ加点が手放し技同士に限られ、C難度以上の組合せであれば加点が付いたため、ヤマワキやトカチェフからの連続が少ないながら見られました。動画は2019年リマ・パンアメリカン大会のカイオ・ソウザ(ブラジル)の実施。アドラー1回ひねり片逆手~ヤマワキ~ギンガーの連続です。



発展技としてはデフ(ギンガー1回ひねり)(F)があり、こちらもあまり使い手がいませんが、アドラー系の技との組合せ加点が復活した今サイクルはアドラーひねりとの組合せがまた見られるようになるかもしれません。動画はアドラーひねり~デフと言えばこの選手、フィリップ・リッツォ(オーストラリア)の見事な実施です。



参考文献
(1) Moriatsu Nakasone:ELEMENTS DEVELOPMENT ON HORIZONTAL BAR IN MEN’S ARTISTIC GYMNASTICS IN JAPAN LITERATURE, Science of Gymnastics Journal Vol.7-3 (2015)

この記事へのコメント