橋本大輝 - 2022年全日本選手権:個人総合の演技

HASHIMOTO Daiki (JPN)
2022 JPN Nationals AA


2022年の全日本選手権は橋本大輝が2連覇を達成しました。演技を見ていきましょう。

#1 ゆか FX


1.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねりDouble Back 2/1EIII
2.後方伸身宙返り7/2ひねりBack Lay 7/2EIII
3.前方伸身宙返り1回ひねりFront Lay 1/1CII
4.~前方伸身宙返り5/2ひねり+ Front Lay 5/2EII
5.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
6.フェドルチェンコFedorchenkoCI
7.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
8.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
9.~前方伸身宙返り+ Front LayBII(CV:0.1)
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:5.8
E:8.566
Score:14.366

予選で見せたリ・ジョンソン(G)は回避。替わりに後方7/2を入れてくる。新月面は素晴らしいひねり切りで着地も止める。今年からフェドルチェンコを入れている他、後半で後方5/2~前方伸身を実施し、組合せ加点を得ている。


#2 あん馬 PH


1.横向き旋回CircleAII
2.アイヒホルンFlair 1/1 Spindle Travel and ReturnEII
3.横向き旋回1回ひねりFlair 1/1 SpindleDII
4.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
5.Eフロップ4 FlopsEII
6.Dコンバイン2 Flops + R180DII
7.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立450°ひねり3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3 450EIV

D:6.1
E:8.066
Score:14.166

2021年までは後ろ振り倒立(C)を使っていたが、格下げになったため、正交差倒立に替えている。新たに取り入れたウ・グォニアンで旋回が乱れたため、ロス(D)を抜いてきた。やはり課題はロシアン転向移動技か。マジャール、シバドは開脚で実施。終末技は停滞したが、ひねり切って下りた。


#3 つり輪 SR


1.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
2.ほん転逆上がり十字倒立Felge to Inv-CrossEIII
3.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
4.ヤマワキYamawakiCI
5.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
6.アザリアンBack Roll to CrossDII
7.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.8
E:8.333
Score:14.133

新たにほん転逆上がり十字倒立を入れてきた。この実施であれば不認定はないと思われるが今後は姿勢のさらなる改善が課題になる。新月面の着地をピタリと止める。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ロペスKasamatsu Lay 2/15.69.36614.966

跳馬はロペス。着手姿勢、空中姿勢が素晴らしく、最後まで膝や足先が乱れることがない。着地は1歩跳ねるが、高いEスコアを出した。


#5 平行棒 PB


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.ヒーリーHealyDI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
6.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2EIV

D:6.1
E:8.633
Score:14.733

予選で落下があった棒下ひねり倒立もしっかり決める。2021年までと同じ構成だが、終末技の前方ダブルひねり下りがE難度に格下げになっているため、Dスコアは0.1下がっている。着地は大きく後ろに跳ねる。


#6 鉄棒 HB


1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.~リューキン+ LiukinFII(CV:0.2)
3.カッシーナCassinaGII
4.コールマンKolmanEII
5.伸身トカチェフTkatchev LayDII
6.~トカチェフ+ TkatchevCII(CV:0.1)
7.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
8.シュタルダーStalderBIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.7
E:8.733
Score:15.433

予選では回避したアドラーひねり~リューキンを披露。カッシーナ、コールマン、トカチェフ連続の実施も手堅い。アドラー1回ひねりは角度減点を免れないか。着地をピタリと止める。

Total Score:87.797 (Total D:36.1)
Combined Total:174.161 (Included Bonus 0.5)
Rank:1st



決勝ではゆかのリ・ジョンソンこそ回避しましたが、鉄棒では優勝がほぼ手中の状況の中でも新技のリューキンを実施し、プライドを見せました。着地も全体的に良好で、2位の神本雄也に2.898差を付けての連覇となりました。落下のあった予選終了時点では0.099差でしたが、本来の演技を通すことができれば、もはや無敵の状態と言っていいでしょう。

ゆかやあん馬で予定のDスコアを確保できていないため、合計Dスコアは36.1に留まっていますが、予定の合計Dスコアは36.6だったでしょうか。他にも予選の鉄棒で見せたシュタルダーとび3/2ひねり片大逆手(D)もあり、6種目の合計ではまだまだ伸びしろがあります。これからも楽しみでしかありません。

この記事へのコメント

  • おんちっち

    全日本が行われていたとは知りませんでした。
    小さなミスはあっても大きく崩れない橋本選手は凄い😆👍✨
    全ての種目が見所の選手ですけど、ゆかの構成が地味に感じますね。
    リジョンソンが実施が前提の構成だから仕方がないのでしょうか。
    鉄棒のリューキンは凄いですね。
    未だにノビシロが有るのは末恐ろしい😎
    2022年04月26日 03:18
  • Ka.Ki.

    橋本選手はメンタルもすごいですね。

    ゆかは予選ではリ・ジョンソンと新月面だったようですが、リ・ジョンソンと後方7/2もありかもしれません。アドラーひねり~リューキンも素晴らしかったです。
    2022年04月26日 21:16