2022年ワールドカップ・バクー大会:種目別鉄棒の演技

2022 Apparatus World Cup Baku (AZE) EF HB


2022年種目別ワールドカップ・バクー大会(AGFトロフィー):鉄棒の上位選手の演技です。

FRASER Joe (GBR)


1.後ろ振り上がり倒立Back UpriseAI
2.前方車輪Front GiantAI
3.アドラーひねりJam 1/2DIII
4.~コールマン+ KolmanEII(CV:0.2)
5.カッシーナCassinaGII
6.トカチェフTkatchevCII
7.ツォウ・リミンZou LiminCI
8.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.7
E:8.300
Score:14.000

アドラーひねりからコールマンの連続を見せる。かつて内村航平も得意としていた組合せ。D+Eで0.2の組合せ加点が得られる。荒っぽさはあるが、良く言えば勢いを感じる実施で演技を通す。


MORGANS Mitchell (AUS)


1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.カッシーナCassinaGII
3.コバチKovacsDII
4.伸身トカチェフTkatchev LayDII
5.トカチェフTkatchevCII
6.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
7.前方車輪1回ひねり大逆手1/1 to ElCI
8.アドラーJamCIII
9.大逆手車輪Giant ElBI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.8
E:8.166
Score:13.966

コバチ系2つ、トカチェフ系2つの手放し技が入る構成。これに連続技を絡めるのが今サイクルの主流となりそう。着地は片足1歩動く。


KOVTUN Illia (UKR)


1.ツォウ・リミンZou LiminCI
2.ヤマワキYamawakiCII
3.ピアッティPiattiDII
4.~トカチェフ+ TkatchevCII(CV:0.1)
5.伸身トカチェフTkatchev LayDII
6.シュタルダーStalderBIII
7.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.7
E:8.166
Score:13.866

従来構成で安定した実施を見せる。着地はわずかに跳ねる。



フレイザーはA難度技が2つ入った構成でまだまだ難度を上げることが出来そうです。モーガンズはコトブス、ドーハの両大会で6位でしたが、今大会はミスなく通して2位に入りました。

ドーハ大会優勝のアレクサンダー・ミャキニン(イスラエル)はコールマン~ゲイロード2(E+E)の連続を見せましたが4位、カイロ大会優勝のカルロ・マッキーニ(イタリア)も実施が乱れ6位となっています。鉄棒は群雄割拠の様相を呈していると言ってよさそうです。

この記事へのコメント