2022年ワールドカップ・バクー大会:種目別つり輪の演技

2022 Apparatus World Cup Baku (AZE) EF SR


2022年種目別ワールドカップ・バクー大会(AGFトロフィー):つり輪の上位選手の演技です。

MARESCA Salvatore (ITA)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseEII
3.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossEIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.2
E:8.600
Score:14.800

カイロ大会と同じ構成。ナカヤマなどはもう少しゆっくり捌けると良いが。着地をピタリと止める。


COLAK Ibrahim (TUR)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseEII
3.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.ナカヤマBack Lever to CrossDII
8.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.前方屈身2回宙返り下りDouble Front PkDIV

D:6.1
E:8.666
Score:14.766

コトブス大会カイロ大会と同じ構成。実施は良好で水平系の力技の姿勢も良い。着地も止める。


SIMONOV Nikita (AZE)


1.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseEII
3.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
6.アザリアンBack Roll to CrossDII
7.ヤマワキYamawakiCI
8.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.0
E:8.500
Score:14.500

ドーハ大会などと同じ構成。地元の大声援を浴びる。実施は悪くないが、着地は姿勢が低くなり前に踏み出してしまった。



カイロ大会3位のマレスカがワールドカップ初優勝。チョラックはわずか0.034差で2大会連続の2位となりました。地元シモノフはドーハ大会と同じ3位にランクイン。予選6位からのジャンプアップです。

予選3位のアデム・アシル(トルコ)は伸身新月面の着地が決まらず6位。つり輪のスペシャリスト戦線は早くもモノトニー化が進んでいる気配があります。

この記事へのコメント