2022年ワールドカップ・バクー大会:種目別平行棒の演技

2022 Apparatus World Cup Baku (AZE) EF PB


2022年種目別ワールドカップ・バクー大会(AGFトロフィー)、大会の日程に合わせ今日は平行棒の上位選手の演技です。

KOVTUN Illia (UKR)


1.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
2.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
3.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
4.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
5.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
6.ディアミドフひねり5/4 Diamidov to 1/4DI
7.マクーツMakutsEI
8.ヒーリーHealyDI
9.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
10.前方かかえ込み2回宙返り下りDouble FrontEIV

D:6.6
E:8.733
Score:15.333

Dスコア6.3の構成でワールドカップ3連勝中だったが、ここへきていわゆるホンマを復活させてDスコア6.6としてきた。先に演技したアリカンが14.900を出したため、難度を上げたか。実施の安定感は変わらず、着地も止めている。


ARICAN Ferhat (TUR)


1.リチャードFront Uprise DiamidovEII
2.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
3.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
4.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
5.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
6.マクーツMakutsEI
7.ヒーリーHealyDI
8.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
9.ディアミドフDiamidovCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2EIV

D:6.5
E:8.400
Score:14.900

カイロ大会と同じ構成。全体的に実施は安定しているが、マクーツの後の倒立がわずかに乱れた。


FRASER Joe (GBR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.車輪ディアミドフGiant DiamidovEIII
3.ピアスキーBack Giant to 1 Rail HdstDIII
4.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
5.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
6.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
7.テハダTejadaEIII
8.ヒーリーHealyDI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2EIV

D:6.4
E:8.300
Score:14.700

先週の全英選手権とほぼ同じ構成だが、棒下倒立と棒下ひねり倒立の順番が入れ替わっている。テハダをもう少しスムーズに捌けると良いが。



コフトゥンがワールドカップ4戦全勝を達成。6種目を通じて唯一人の偉業です。特に今大会は決勝で先に演技したアリカンに対し、Dスコアを上げて優勝をさらうという快勝劇を見せました。アリカンは予選1位通過、決勝もいい演技を見せましたが、まんまと出し抜かれてしまった格好です。

フレイザーは予選6位からのジャンプアップ。予選5位だったマリオス・ジョルジオウ(キプロス)は決勝を棄権しています。2日目のあん馬や鉄棒の決勝には出場しているので負傷などではないようです。

この記事へのコメント