2021年世界選手権:種目別鉄棒の演技

2021 Worlds Kitakyushu (JPN) EF HB


2021年世界選手権・北九州大会:種目別鉄棒の演技です。

胡旭威 HU Xuwei (CHN)


1.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
2.リューキンLiukinFII
3.伸身トカチェフTkatchev LayDII
4.~リンチ+ LynchDII(CV:0.2)
5.モズニクMoznikEII
6.アドラーひねりJam 1/2DIII
7.シュタルダーとび3/2ひねり大逆手Stalder Hop 3/2 to ElEIII
8.エンドー1回ひねり大逆手Endo 1/1 to ElDIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.7
E:8.466
Score:15.166

リューキンなどトカチェフ系の手放し技を連発する。安定感はあるが、雄大性、熟練性には欠ける印象。後半はシートリバルコやエンドーヒーリー大逆手といった、近年では減点が厳しいためあまり見られなくなったひねり技を実施する。着地はピタリと止める。


橋本大輝 HASHIMOTO Daiki (JPN)


1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.カッシーナCassinaGII
3.コールマンKolmanEII
4.伸身トカチェフTkatchev LayDII
5.~リンチ+ LynchDII(CV:0.2)
6.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
7.ヤマワキYamawakiDII
8.シュタルダーStalderBIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.5
E:8.566
Score:15.066

手放し技を確実に決める。アドラー1回ひねりの角度は十分ではないが、以前よりは改善されているか。着地は後ろに1歩動いてしまう。


MALONE Brody (USA)


1.カッシーナCassinaGII
2.コールマンKolmanEII
3.伸身トカチェフTkatchev LayDII
4.~リンチ+ LynchDII(CV:0.2)
5.モズニクMoznikEII
6.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
7.アドラーひねりJam 1/2DIII
8.シュタルダーStalderBIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.5
E:8.466
Score:14.966

Dスコア6.5の構成を安定した実施で見せる。着地もピタリと止めた。


4th MACCHINI Carlo (ITA)


1.ペガンPeganFII
2.カッシーナCassinaGII
3.伸身コバチKovacs LayEII
4.コールマンKolmanEII
5.リバルコRybalkoDI
6.ツォウ・リミンZou LiminCI
7.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.7
E:8.266
Score:14.966

最初にペガンを実施。2017年のルール改訂でF難度に格上げされたが、実施する選手はほとんどいない。中盤のリバルコもすっかり珍しい技になってしまった。そのリバルコの前に行っているシュタルダーはDスコアには関与しない。着地はわずかに跳ねる。


5th KARIMI Milad (KAZ)


1.ヤマワキYamawakiDII
2.カッシーナCassinaGII
3.コバチKovacsDII
4.~コールマン+ KolmanEII(CV:0.2)
5.ゲイロード2Gaylord2EII
6.ツォウ・リミンZou LiminCI
7.エンドー1回ひねり大逆手Endo 1/1 to ElDIII
8.大逆手車輪Giant ElBI
9.逆手背面車輪Russian GiantCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.4
E:8.433
Score:14.833

コバチ~コールマンの連続、さらにはゲイロード2を見せる。着地はわずかに跳ねる。


6th 内村航平 UCHIMURA Kohei (JPN)


1.ブレットシュナイダーBretschneiderHII
2.カッシーナCassinaGII
3.コールマンKolmanEII
4.シュタルダーとび3/2ひねり片大逆手Stalder Hop 3/2 to MGDIII
5.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
6.ヤマワキYamawakiDII
7.エンドーEndoBIII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.6
E:8.000
Score:14.600

カッシーナはおおむね良好な位置で掴んだものの、ブレットシュナイダー、コールマンはバーに近づき大きく肘が曲がってしまう。東京オリンピックで落下したシュタルダーとび3/2ひねり片大逆手は問題なく決める。伸身新月面の着地はピタリと止めてこの日一番の歓声を誘う。


7th KOVTUN Illia (UKR)


1.伸身トカチェフTkatchev LayDII
2.モズニクMoznikEII
3.ツォウ・リミンZou LiminCI
4.ヤマワキYamawakiDII
5.トカチェフTkatchevCII
6.リンチLynchDII
7.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.0
E:8.166
Score:14.166

技の順番を変えて、伸身トカチェフ~リンチの連続はやめている。着地はわずかに跳ねる。


8th GEORGIOU Ilias (CYP)


1.エンドーEndoBIII
2.アドラーひねりJam 1/2DIII
3.カッシーナCassinaGII
4.コールマンKolmanEII
5.伸身トカチェフTkatchev LayDII
6.トカチェフTkatchevCII
7.アドラー〈振り戻って再試技〉JamCIII
8.大逆手車輪Giant ElBI
9.逆手背面車輪Russian GiantCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.8
E:7.866
Score:13.666

コバチ系、トカチェフ系の手放し技を難なくこなす。しかしアドラーで振り戻ってしまい、やり直すはめに。着地も大きく踏み出してしまった。



橋本が東京オリンピックと同じスコアを出し優勝かと思われたが、最後の演技者、胡旭威がこれを上回り平行棒との2冠を達成しました。マローンもいい演技を見せて3位に入っています。この上位3人のみが伸身トカチェフ~リンチの連続技を行っているのも面白いところです。

東京オリンピックの雪辱を目指した内村は手放し技の実施で減点され6位でしたが、こだわりの着地をピタリと止めて大歓声を浴びました。満身創痍のなか、見る者の記憶に残る着地を見せてくれ、感動の演技となりました。

この記事へのコメント