2021年ワールドチャレンジカップ・コペル大会:種目別つり輪の演技

2021 World Challenge Cup Koper (SLO) EF SR


2021年ワールドチャレンジカップ・コペル大会:種目別つり輪の上位選手の演技です。

HOECK Vinzenz (AUT)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
3.押し上げ上水平支持Press to PlancheDII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.ナカヤマBack Lever to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.1
E:8.700
Score:14.800

バランディン3(E)は抜いている。実施はおおむね良好。伸身月面の着地は後ろに1歩跳ねる。


KIBARTAS Ilya (RUS)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossDIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
7.アザリアンBack Roll to CrossDII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.9
E:8.500
Score:14.400

力強い後転中水平から入る。実施はおおむね良好だったが、着地がやや低い体勢となり、後ろに1歩跳ねてしまった。


CINGOLANI Andrea (ITA)


1.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossDIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.け上がり十字懸垂Kip to CrossCIII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.0
E:8.200
Score:14.200

予選で新技となる「懸垂から伸腕で引き上げ倒立」を発表するが、決勝では見せず。名前を付けただけの技になってしまうか。着地は後ろに1歩動いてしまう。



予選1位のヘックが決勝でさらにDスコア、Eスコアを上げて盤石の優勝。2位には予選5位から大きく得点を上げたキバルタスが入りました。決勝では3人の選手が十字倒立を見せています。新ルールへの対応が早くも進んでいると言えるでしょうか。

この記事へのコメント