内村航平 - 2021年全日本選手権:鉄棒の演技

UCHIMURA Kohei (JPN)
2021 JPN Nationals EF HB


2021年全日本選手権、内村航平の鉄棒の演技です。

2020年から使っているDスコア6.6の構成。ブレットシュナイダーの完成度はほぼ完璧といったところまで来たようです。カッシーナとコールマンはベストの位置ではないようですが、振り上がりはスムーズにこなしています。着地は両足1歩跳ねました。

内村もオリンピックの個人代表を決める国内のポイント争いで米倉英信と並びトップに立っています。しかしこのポイントは日本の団体代表や6月に開催が予定されているワールドチャレンジカップ・ドーハ大会が終わらないと確定しないもので、現在のポイントもあくまで暫定です。個人枠の行方は最後の最後まで分からないということになっています。



1.ブレットシュナイダーBretschneiderHII
2.カッシーナCassinaGII
3.コールマンKolmanEII
4.シュタルダーとび3/2ひねり片大逆手Stalder Hop 3/2 to MGDIII
5.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
6.ヤマワキYamawakiDII
7.エンドーEndoBIII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.6
E:8.866
Score:15.466
Rank:1st


なお、予選の動画はこちらです。

この記事へのコメント