2020年ワールドカップ・メルボルン大会:種目別つり輪の演技

2020 Individual Apparatus World Cup Melbourne (AUS) EF SR


2020年種目別ワールドカップ・メルボルン大会:つり輪の上位選手の演技です。

PETROUNIAS Eleftherios (GRE)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.3
E:8.766
Score:15.066

コトブスでは技の順番を変えていたが、今大会は以前の順番に戻している。振り上がる際も肘の曲がりが極端に少なく非常にいい実施を見せる。着地は少し動く。


AHMAD KOHANI Mahdi (IRI)


1.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.前方屈身2回宙返り下りDouble Front PkDIV

D:6.2
E:8.300
Score:14.500

これまであまり聞いたことのないイランの選手。力強くバランディン3から入り、Dスコア6.2の構成を目立ったミスなく通す。着地はわずかに動く。


ZAHRAN Ali (EGY)


1.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.ザハランBack Lever to VictorianFII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.2
E:8.000
Score:14.200

オリジナルのザハラン(背面水平懸垂経過上向き中水平支持)を見せる。発表した技にこだわりを見せる姿勢は素晴らしい。着地は大きく前に1歩踏み出してしまう。

暫定ランキング Standing
2018/20192019/2020
GERAUSAZEQATGERAUSAZEQATT
1.劉洋 LIU Yang (CHN)3030--30-90
2.尤浩 YOU Hao (CHN)252518-18-68
3.TULLOCH Courtney (GBR)18183016141666
4.PETROUNIAS Eleftherios (GRE)----253055
5.ZAHRAN Ali (EGY)16161618-2054
6.DAVTYAN Vahagn (ARM)14--2016-50
16.高橋一矢 (JPN)-20----20
23.柚木健大朗 (JPN)---12--12
23.長野託也 (JPN)----12-12



劉洋(中国)も今大会欠場を余儀なくされ、その間にペトロウニアスが差を詰めるという展開になりました。圧倒的に有利なのはすでに90ポイントを獲得している劉洋ですが、ペトロウニアスも残り2大会に全力で臨むでしょう。最後の最後まで目が離せません。

この記事へのコメント