2019年ワールドカップ・コトブス大会:種目別鉄棒の演技

2019 Individual Apparatus World Cup Cottbus (GER) EF HB


2019年種目別ワールドカップ・コトブス大会:鉄棒の上位選手と日本人選手の演技です。

宮地秀享 MIYACHI Hidetaka (JPN)


1.後ろ振り上がりひねり倒立Back Uprise 1/2AI
2.ミヤチMiyachiIII
3.ブレットシュナイダーBretschneiderHII
4.カッシーナCassinaGII
5.コールマンKolmanEII
6.シュタルダーStalderBIII
7.シュタルダーひねり大逆手Stalder Higgins to ElCIII
8.大逆手エンドーEndo ElCIII
9.大逆手車輪Giant ElBI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.4
E:8.533
Score:14.933

ミヤチ、ブレットシュナイダーと続け、コバチ系の手放し技を4つ決める。着地も止めて2位以下に大差を付けた。


GEORGIOU Ilias (CYP)


1.後ろ振り上がり倒立Back UpriseAI
2.アドラーひねりJam 1/2DIII
3.カッシーナCassinaGII
4.コールマンKolmanEII
5.伸身トカチェフTkatchev LayDII
6.トカチェフTkatchevCII
7.アドラーJamCIII
8.大逆手車輪Giant ElBI
9.逆手背面車輪Russian GiantCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.6
E:8.566
Score:14.166

Dスコアは5.6と高くはないが、減点の少ない演技を見せる。着地は1歩動く。


ROSTOV Alexey (RUS)


1.カッシーナCassinaGII
2.コールマンKolmanEII
3.伸身トカチェフTkatchev LayDII
4.~リンチ+ LynchDII(CV:0.2)
5.アドラーひねりJam 1/2DIII
6.後方とび車輪3/2ひねりHop 3/2 to MGCI
7.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
8.ヤマワキYamawakiDII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.3
E:7.866
Score:14.166

アドラーひねりなどで乱れが出てEスコアが伸びなかった。着地は1歩跳ねる。

暫定ランキング Standing
2018/20192019/2020
GERAUSAZEQATGERAUSAZEQAT
1.宮地秀享 (JPN)253020303090
2.ZONDERLAND Epke (NED)3025301685
3.MACCHINI Carlo (ITA)18-1620-54
4.張成龍 ZHANG Chenglong (CHN)-2018121452
5.ROSTOV Alexey (RUS)--7182045
6.MORGANS Mitchell (AUS)-1825--43



有力選手の大過失や落下が相次いだ決勝となりました。ティン・セルビッチ(クロアチア)がランキングから抜けたため、宮地がトップに。90ポイントに達しています。今大会は出場していないゾンダーランドの動きに注目が集まります。

この記事へのコメント