2019年世界選手権:平行棒の演技

2019 Worlds Stuttgart (GER) EF PB


2019年世界選手権・シュトゥットガルト大会:種目別平行棒の演技です。

FRASER Joe (GBR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
3.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
4.ピアスキーBack Giant to 1 Rail HdstDIII
5.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
6.タナカTanakaFIII
7.テハダTejadaEIII
8.ヒーリーHealyDI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.6
E:8.400
Score:15.000

ピアスキー、タナカ、テハダと珍しい技を連発してDスコアを稼いでる。実施もまずまずで高得点を出した。


ONDER Ahmet (TUR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
3.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
6.前方開脚5/4宙返り支持5/4 Front Strd to SupEI
7.伸腕屈身力倒立Pike Press to HdstBI
8.ヒーリーHealyDI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.2
E:8.783
Score:14.983

Dスコアは6.4を出したこともあるが、通常はこの6.2。世界の種目別クラスではやや苦しいところだが、素晴らしい実施を見せ、高いEスコアで2位に入った。


KAYA Kazuma (JPN)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.ヒーリーHealyDI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
6.バブサーBhavsarEIII
7.チッペルトTippeltDIII
8.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
9.単棒横向き閉脚浮腰上がり倒立Side Glide L Up to HdstCIII
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.3
E:8.666
Score:14.966

萱もDスコアは6.3でありEスコアでの勝負。バブサーはもう少し雄大に捌きたいが、気になるのはそれくらいか。着地を堪えて3位に入る。


4th 肖若騰 XIAO Ruoteng (CHN)


1.リチャードFront Uprise DiamidovEII
2.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
3.ドミトリエンコDimitrenkoEII
4.ヒーリーHealyDI
5.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
6.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
7.ベーレBelleDIII
8.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
9.チッペルトTippeltDIII
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:6.4
E:8.566
Score:14.966

リチャードを入れてDスコアを6.4にしてくるが、やはり少しバタついてしまった。萱に得点で並ぶが、Eスコア優先のタイブレイクで4位となる。


5th ARICAN Ferhat (TUR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
3.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
4.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
5.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
6.マクーツMakutsEI
7.ヒーリーHealyDI
8.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
9.ディアミドフDiamidovCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.5
E:8.400
Score:14.900

以前はリチャードを使っていたが、現在は前振り上がりひねり倒立に替えている。Dスコアは6.5でキープ。目立ったミスなく演技を通すが、上位にわずかに及ばなかった。


6th 孫煒 SUN Wei (CHN)


1.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
2.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
3.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
4.ドミトリエンコDimitrenkoEII
5.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
6.バブサーBhavsarEIII
7.伸腕屈身力倒立Pike Press to HdstBI
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.2
E:8.266
Score:14.466

ヒーリーの後の後ろ振り倒立で詰まる。終末技の姿勢は良かった。


7th PAKHNIUK Petro (UKR)


1.バウマンGiant MakutsFIII
2.マクーツMakutsEI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
5.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
6.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
7.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
8.ヒーリーHealyDI
9.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.5
E:7.700
Score:14.200

最初のバウマンで派手にバータッチ。Dスコアは認められたようだが、大きくEスコアを失う。


8th DAUSER Lukas (GER)


1.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
2.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
3.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
4.リチャードFront Uprise DiamidovEII
5.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
6.マクーツ〈落下して再試技〉MakutsEI
7.ヒーリーHealyDI
8.ディアミドフDiamidovCI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.3
E:7.533
Score:13.833

順調に演技を進めていたが、マクーツでバランスを崩して落下してしまう。



圧倒的な優勝候補の鄒敬園(中国)が予選落ち。それだけでなくロシアのダブルエース、ナゴルニーとダラロヤンや、オレグ・ベルニャイエフ(ウクライナ)らも決勝に残れず、始まる前から波乱の予感でした。優勝のフレイザーは高いDスコアでチャンスをものにしました。

予選1位、2位のダウザー、パフニュクは決勝で振るわず8位、7位に。一方、予選8位だった萱が3位となりました。日本は1997年から続く個人メダルをキープしたことになります。

この記事へのコメント