2019年世界選手権:つり輪の演技

2019 Worlds Stuttgart (GER) EF SR


2019年世界選手権・シュトゥットガルト大会:種目別つり輪の演技です。

COLAK Ibrahim (TUR)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.ナカヤマBack Lever to CrossDII
8.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.前方屈身2回宙返り下りDouble Front PkDIV

D:6.2
E:8.733
Score:14.933

良好な実施を見せ、着地もピタリと止める。屈身姿勢も良かった。


LODADIO Marco (ITA)


1.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.アザリアンBack Roll to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.3
E:8.600
Score:14.900

こちらもいい実施を見せる。着地も止めるが、少し姿勢が揺らいだか。


AIT SAID Samir (FRA)


1.ザネッティBack Lever Press to PlancheFII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.ナカヤマBack Lever to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.2
E:8.600
Score:14.800

ヤマワキの回転に詰まりが見られる。その後の中水平も少し足が下がってしまった。着地は止める。


4th PETROUNIAS Eleftherios (GRE)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.3
E:8.433
Score:14.733

中技は良好に見えたが、着地が1歩動いた。2015年から連覇を続ける王者が4位に。


5th ZANETTI Arthur (BRA)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
3.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.ナカヤマBack Lever to CrossDII
8.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.2
E:8.525
Score:14.725

後ろ振り上がり倒立で少しぐらついたか。着地も後ろに両足1歩跳ねる。


6th ABLIAZIN Denis (RUS)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
7.ナカヤマBack Lever to CrossDII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1FIV

D:6.3
E:8.366
Score:14.666

逆懸垂での静止がやや長いか。着地は前に1歩出てしまう。


7th TOVMASYAN Artur (ARM)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.1
E:8.100
Score:14.200

順調に演技を進めていたが、着地で大きく後ずさってしまった。


8th KLESSING Nick (GER)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.ナカヤマBack Lever to CrossDII
3.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ヤマワキYamawakiCI
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み3回宙返り下りTriple BackGIV

D:6.1
E:8.066
Score:14.166

地元の大声援を受ける。得意の3回宙返りは後ろに1歩。



絶対王者のペトロウニアスを破ったのはチョラックでしたが、相変わらず僅差の勝負となるつり輪では誰が勝ってもおかしくない状況。2位のロダディオも力を付けてきています。勝敗は着地の1歩で決まると言ってもいいでしょう。

そのペトロウニアスは2018年の世界選手権が終わるとすぐに左肩の手術に入りました。約1年を休養にあて、復帰したのは今大会の20日前だったといいます。さすがに勝つことはできませんでしたが、狙っているのは2020年東京オリンピックの金メダルでしょう。出場資格を得るためにこれから種目別ワールドカップに出場することにはなりますが、ぜひとも東京でその演技を見たいものです。

この記事へのコメント