2019年世界選手権:あん馬の演技

2019 Worlds Stuttgart (GER) EF PH


2019年世界選手権・シュトゥットガルト大会:種目別あん馬の演技です。

WHITLOCK Max (GBR)


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.Gコンバイン2 Flops + R1080GII
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.ブスナリBusnariFII
5.開脚マジャールFlair MagyarEIII
6.ウルジカ2Urzica2EIII
7.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
8.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
9.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
10.DSA倒立450°ひねり3/3移動下りDSA to Hdst Travel 3/3 450EIV

D:7.0
E:8.500
Score:15.500

最初のセア倒立で片手が外れるが、戻してそのまま演技を続ける。コンバインをGまで回し、滅多に見せないDスコア7.0のフル構成を通して見せた。


李智凱 LEE Chih-Kai (TPE)


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.下向き逆移動倒立3/3移動下ろして旋回Back Stöckli to Hdst 3/3 Lower to FlairEII
3.ピネーロCzechkehr outside PommelsDII
4.ケイハFlair 1/1 Spindle outside PommelsFII
5.アイヒホルンFlair 1/1 Spindle Travel and ReturnEII
6.横向き旋回1回ひねりFlair 1/1 SpindleDII
7.1回の旋回で正面横移動Front Hop Travel 3/3CIII
8.開脚マジャールFlair MagyarEIII
9.開脚シバドFlair SivadoEIII
10.下向き逆移動倒立3/3移動下りBack Stöckli to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.5
E:8.933
Score:15.433

ケイハを1回転回してDスコア6.5のフル構成でウィットロックに挑む。目立ったミスなく演技を通すが、採点に時間がかかった挙句の結果はわずかに及ばずの2位。


MCCLENAGHAN Rhys (IRL)


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.Gコンバイン2 Flops + R1080GII
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.あん部馬背ロシアン1080°転向Russian 1080 btw PommelsEII
5.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
6.マジャールMagyarDIII
7.シバドSivadoDIII
8.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
9.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
10.DSA倒立3/3移動下りDSA to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.4
E:9.000
Score:15.400

ウィットロックを破ったこともある選手だが、今回は3位。終末技がD難度になってしまったことも響いたか。


4th 鄒敬園 ZOU Jingyuan (CHN)


1.Gコンバイン2 Flops + R1080GII
2.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
3.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
4.Eフロップ4 FlopsEII
5.横向き旋回1回ひねりCircle 1/1 SpindleDII
6.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
7.マジャールMagyarDIII
8.シバドSivadoDIII
9.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
10.一把手上縦向き旋回倒立450°ひねり3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3 450EIV

D:6.3
E:8.700
Score:15.000

最初にGコンバインを見せる。基本的には見事な旋回を見せるが、ところどころ旋回が揺れる場面もあったか。


5th 萱和磨 KAYA Kazuma (JPN)


1.ブスナリBusnariFI
2.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.Dコンバイン2 Flops + R180DII
5.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
6.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
7.トン・フェイTong FeiDIII
8.開脚マジャールFlair MagyarEIII
9.開脚シバドFlair SivadoEIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.6
E:8.266
Score:14.866

種目別ではブスナリを入れてきた。Dスコア6.6の構成を通したのは見事だが、減点要素が多いのはやはり辛い。実施にも磨きをかけてもらいたい。


6th TOMMASONE Cyril (FRA)


1.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
2.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
3.あん部馬背ロシアン1080°転向Russian 1080 btw PommelsEII
4.Dコンバイン2 Flops + R180DII
5.Eフロップ4 FlopsEII
6.マジャールMagyarDIII
7.シバドSivadoDIII
8.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
9.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
10.DSA倒立3/3移動下りDSA to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.3
E:8.533
Score:14.833

Dスコアはもう少し上げられるはずだが、今回は6.3。目立ったミスはないが、上位選手には及ばない。


7th 蕭佑然 SHIAO Yu-Jan (TPE)


1.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
2.Eフロップ4 FlopsEII
3.あん部馬背ロシアン1080°転向Russian 1080 btw PommelsEII
4.縦向き後ろ移動(1/2)Back Loop Travel 1/2BIII
5.マジャール・シュピンデルLoop 1/1 SpindleDII
6.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
7.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.0
E:8.733
Score:14.733

Dスコア6.0のため7位となったが、実施は非常にいい。


8th BELYAVSKIY David (RUS)


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.ショーンSohnEII
3.Eコンバイン2 Flops + R360EII
4.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
5.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
6.マジャール・シュピンデルLoop 1/1 SpindleDII
7.Eフロップ4 FlopsEII
8.マジャール〈落下して再試技〉MagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.4
E:7.166
Score:13.566

ロスで大きく旋回が乱れると、マジャールで突如落下してしまう。マジャールをやり直してDスコアは確保する。


9th 橋本大輝 HASHIMOTO Daiki (JPN)


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.Eフロップ4 FlopsEII
3.Dコンバイン2 Flops + R180DII
4.トン・フェイ〈落下して再試技〉Tong FeiDIII
5.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
6.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
7.開脚マジャールFlair MagyarEIII
8.開脚シバドFlair SivadoEIII
9.縦向き前移動1/4ひねりFront Travel 1/4 turnBIII
10.下向き逆移動倒立3/3移動下りBack Stöckli to Hdst Travel 3/3DIV

D:5.9
E:7.433
Score:13.333

フロップで旋回が乱れる。立て直すがトン・フェイで落下。開脚の縦向き移動はきれいに決める。



2番目の演技者だったウィットロックが高得点を出して後続を待ち、マクレナガンと李智凱がEスコアで挑みましたがいずれも及ばずという結果になりました。ウィットロックにはミスもありましたが、やはりDスコア7.0は大きいと言えます。

2020年東京オリンピックでもあん馬はこの3人が中心となるでしょう。李智凱の構成は完成度が高いですが、さらに上げる要素があるかどうか。マクレナガンは構成にB難度があり、まだまだ上げられると思われますがどうでしょうか。来年が楽しみです。

この記事へのコメント