アルトゥール・ダラロヤン - 2019年世界選手権:個人総合の演技

DALALOYAN Artur (RUS)
2019 Worlds Stuttgart (GER) AA


2019年世界選手権・シュトゥットガルト大会、個人総合2位のアルトゥール・ダラロヤン(ロシア)の演技です。

#1 ゆか FX


前方伸身宙返りFront LayBII
1.~前方屈身2回宙返りひねり+ Double Front Pk 1/2FII
2.前方伸身宙返り1回ひねりFront Lay 1/1CII
3.~前方屈身2回宙返り+ Double Front PkEII(CV:0.1)
4.後方伸身宙返り3/2ひねりBack Lay 3/2CIII
5.~前方伸身宙返り5/2ひねり+ Front Lay 5/2EII
6.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねりDouble Back 2/1EIII
7.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
8.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
9.~前方伸身宙返り2回ひねり+ Front Lay 2/1DII(CV:0.2)
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:6.5
E:8.700
Score:15.200

ロシアカップの際にDスコア6.5まで狙っていると書いたが、早くもその構成を持ってきた。しかも今回は着地も決めまくり15.200というハイスコアをたたき出す。


#2 あん馬 PH


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.Dフロップ3 FlopsDII
3.ブスナリBusnariFII
4.横向き旋回1回ひねり[Flair | Circle] 1/1 SpindleDII
5.正面横移動連続(あん部馬背着手)Front Travel 3/3 Hands btw PCIII
6.シュテクリBDSBBII
7.縦向き後ろ移動(2/3)Back Loop Travel 2/3BIII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立450°ひねり3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3 450EIV

D:5.8
E:8.200
Score:14.000

あん馬もロシアカップで見せたDスコア5.8の構成。やや安定感に欠け、特に後半は耐える実施になったが、失敗しない強さがある。


#3 つり輪 SR


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.0
E:8.433
Score:14.433

安定感のある実施。振動倒立の決めがいい。着地は後ろに1歩跳ねるが、良い実施を見せる。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ブラニクHdsp Double Front Pk5.68.5660.114.066

跳馬はブラニクだが、あわや尻もちといった着地になり、脚も乱れてしまう。痛恨の1本となってしまった。


#5 平行棒 PB


1.横向き逆上がり1/4ひねり倒立Shoot Up 1/4 to HdstDIII
2.リチャードFront Uprise DiamidovEII
3.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
4.チッペルトTippeltDIII
5.バブサーBhavsarEIII
6.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
7.ヒーリーHealyDI
8.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.4
E:8.833
Score:15.233

団体決勝ではミスが出たが、個人総合ではきっちりと決めてくる。着地はわずかに動いたが、15.233という高得点を上げる。


#6 鉄棒 HB


1.伸身コバチKovacs LayEII
2.コバチKovacsDII
3.モズニクMoznikEII
4.アドラーひねりJam 1/2DIII
5.伸身トカチェフTkatchev LayDII
6.アドラーJamCIII
7.大逆手車輪Giant ElBI
8.ヤマワキYamawakiDII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.7
E:8.533
Score:14.233

予選ではカッシーナ(G)を入れてDスコア6.0としていたが、個人総合では抑えてきた。替わりにコバチを入れてDスコアは5.7。着地は軽く跳ねる。

Total Score:87.165(Total D:36.0)
Rank:2nd



個人総合2位はダラロヤン。このワンツーフィニッシュは見事です。ロシアの間違いのない強さを感じさせました。ナゴルニーとは1.6の差が開きましたが、そこまでの優劣は2人にはないのではないでしょうか。跳馬でつまづきながらも、再び立て直す強さも見せました。

合計Dスコアもどんどん上げてきています。この個人総合では36.0でしたが、鉄棒を抑えていたため36.3まではいつでも射程圏内です。急激な上昇を続けている選手ですから、2020年東京オリンピックではさらに上げてくる可能性もあるでしょう。とても楽しみです。

この記事へのコメント