2019年ワールドチャレンジカップ・パリ大会:鉄棒の演技

2019 World Challenge Cup Paris (FRA) EF HB


2019年ワールドチャレンジカップ・パリ大会(フランス国際):鉄棒の上位選手の演技です。

SRBIC Tin (CRO)


1.前方車輪1回ひねり大逆手1/1 to ElCI
2.シュタルダーとび3/2ひねり大逆手Stalder Hop 3/2 to ElEIII
3.ピアッティPiattiDII
4.~トカチェフ+ TkatchevCII(CV:0.1)
5.~伸身トカチェフ+ Tkatchev LayDII(CV:0.1)
6.モズニクMoznikEII
7.アドラーひねりJam 1/2DIII
8.リンチLynchDII
9.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.3
E:8.600
Score:14.900

このところ抜いていたシートリバルコを久々に見せる。手放し技は3連続でDスコアは6.3。このあたりは自在に調整できるといったところか。着地もかるく跳ねる程度に収める。


ELTCOV Sergei (RUS)


1.カッシーナCassinaGII
2.屈身コバチKovacs PkEII
3.コールマンKolmanEII
4.コバチKovacsDII
5.アドラーJamCIII
6.大逆手エンドーEndo ElCIII
7.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
8.ツォウ・リミンZou LiminCI
9.ヤマワキYamawakiDII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.3
E:8.400
Score:14.700

エルツォフは打って変わってコバチ系の構成で攻める。カッシーナからコバチまで4つを見事に決めた。後半、バー上の技は少し乱れが出たか。着地はほぼ収める。


唐嘉鴻 TANG Chia-Hung (TPE)


1.ツォウ・リミンZou LiminCI
2.ヤマワキYamawakiDII
3.伸身トカチェフTkatchev LayDII
4.モズニクMoznikEII
5.トカチェフTkatchevCII
6.~リンチ+ LynchDII(CV:0.1)
7.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.0
E:8.550
Score:14.550

難度はユニバーシアードで6.3を出しているため抑え気味か。着地は少し乱れたが、中技の捌きは良好。



スルビッチが地力を見せつけ優勝。唐嘉鴻も持てる力で挑戦してほしかったと思います。世界選手権が楽しみです。日本からは杉本海誉斗が予選9位となっています。

この記事へのコメント