2019年ユニバーシアード:種目別つり輪の演技

2019 Universiades Napoli (ITA) EF SR


2019年ナポリ・ユニバーシアード:種目別つり輪の演技です。

AVETISYAN Artur (ARM)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.ナカヤマBack Lever to CrossDII
3.後ろ振り上がり十字懸垂Back Uprise to CrossCIII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ヤマワキYamawakiCI
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.9
E:9.000
Score:14.900

Dスコアは5.9と種目別クラスでは高くはないが、力技、振動倒立ともに良い決めを見せ、着地もほぼ止めて9.000というEスコアを出す。


HOECK Vinzenz Johann (AUT)


1.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.アザリアンBack Roll to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.2
E:8.600
Score:14.800

ヤマワキは高さがありいい表現ができている。着地はわずかに跳ねる。


COLAK Ibrahim (TUR)


1.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.ナカヤマBack Lever to CrossDII
8.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.前方屈身2回宙返り下りDouble Front PkDIV

D:6.2
E:8.600
Score:14.800

Dスコア6.2の従来構成で安定した実施を見せる。着地は前に1歩跳ねる。


4th 谷川航 TANIGAWA Wataru (JPN)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.0
E:8.650
Score:14.650

従来構成だが安定した実施を見せ、得意の着地もピタリと止める。


5th ONDER Ahmet (TUR)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.ナカヤマBack Lever to CrossDII
3.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.0
E:8.450
Score:14.450

使っている技は変わらないが、順番を少し変えたようだ。実施はおおむね良好で着地も止める。


6th 萱和磨 KAYA Kazuma (JPN)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
3.アザリアンBack Roll to CrossDII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1FIV

D:6.1
E:8.350
Score:14.450

個人総合と同じ構成。振動倒立の決めが良かった。着地は少し動く。


7th DIAB Alexander (USA)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.後ろ振り上がり十字懸垂Back Uprise to CrossCIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.8
E:8.500
Score:14.300

Dスコアは高くないが実施は良好。着地は1歩動く。


8th 唐嘉鴻 TANG Chia-Hung (TPE)


1.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
2.中水平支持MalteseDII
3.十字懸垂CrossBII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ヤマワキYamawakiCI
7.後ろ振り上がり十字懸垂Back Uprise to CrossCIII
8.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.5
E:8.625
Score:14.125

Dスコアは5.5と低いが、実施はおおむね良好。新月面の着地を高い姿勢で止めEスコアは8.650と評価された。



予選1位のチョラックが3人目に登場、14.800を出してこれは決まりかと思いきや、アルメニアの21歳アヴェティシヤンが高いEスコアで逆転。チョラックはヘックと同点の2位となりました。

日本勢は表彰台には届きませんでしたが、良好な実施で存在感を示しました。日本を代表するオールラウンダーのこのつり輪の強さには頼もしいものがあります。

この記事へのコメント