アルチョム・ドルゴプヤット - 2019年ワールドチャレンジカップ・オシエク大会:ゆかの演技

DOLGOPYAT Artem (ISR)
2019 World Challenge Cup Osijek (CRO) EF FX


2019年ワールドチャレンジカップ・オシエク大会、ゆか優勝のアルチョム・ドルゴプヤット(イスラエル)の演技です。

2019年に入ってからはDスコア6.4の構成を使っていましたが、今大会は大幅な難度アップを敢行しました。新たにリ・ジョンソンを取り入れ、替わりに新月面を終末技に持ってくるというとんでもない構成です。

終末技に新月面を使っていたことは過去にもありましたが、そのときの中技はF難度のシライ/グエンや伸身新月面でDスコアは6.6でした。今回はそれを上回るDスコア、さらに実施もよくまとめて15.300という高得点を出しています。今後、世界選手権あるいは種目別ワールドカップシリーズを経ての2020年東京オリンピック出場が極めて濃厚な選手と言えるでしょう。


1.サパタDouble Front 3/2GII
2.前方伸身宙返り1回ひねりFront Lay 1/1CII
3.~前方伸身宙返り5/2ひねり+ Front Lay 5/2EII(CV:0.1)
4.リ・ジョンソンDouble Back 3/1GIII
5.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
6.~前方伸身宙返り2回ひねり+ Front Lay 2/1DII(CV:0.2)
7.後方伸身宙返り3/2ひねりBack Lay 3/2CIII
8.~前方伸身宙返り3/2ひねり+ Front Lay 3/2CII
9.フェドルチェンコFedorchenkoCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねりDouble Back 2/1EIII

D:6.7
E:8.600
Score:15.300
Rank:1st

この記事へのコメント