谷川翔 - 2019年NHK杯:個人総合の演技

TANIGAWA Kakeru (JPN)
2019 NHK Trophy AA


2019年のNHK杯は全日本選手権覇者、ビブナンバー1番で臨んだ谷川翔が涙の初優勝を飾りました。演技構成を確認しておきましょう。動画は一部がNHKによりアップされています。


1.前方屈身2回宙返りひねりDouble Front Pk 1/2FII
2.前方伸身宙返り1回ひねりFront Lay 1/1CII
3.~前方伸身宙返り5/2ひねり+ Front Lay 5/2EII(CV:0.1)
4.前方かかえ込み2回宙返りひねりDouble Front 1/2EII
5.シュピンデル・ゴゴラーゼ1/1 Spindle to GogoladzeDI
6ゴゴラーゼGogoladzeCI
マンナMannaCI
7.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
8.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
9.~前方伸身宙返りひねり+ Front Lay 1/2BII(CV:0.1)
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:6.2
E:8.533
Score:14.733

前方5/2はラインギリギリ。終末の3回ひねりも動くが、前方ダブル系を始めとして全体的には着地をよく止めて高得点を出す。


#2 あん馬 PH

1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.横向き旋回CircleAII
3.ベルキ[Flair | Circle] 1/1 Spindle on PommelsEII
4.ブスナリBusnariFII
アイヒホルン〈落下〉Flair 1/1 Spindle Travel and Return
5.横向き旋回1回ひねり[Flair | Circle] 1/1 SpindleDII
6.1回の旋回で正面横移動Front Hop Travel 3/3CIII
7.開脚マジャールFlair MagyarEIII
8.開脚シバドFlair SivadoEIII
9.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
10.下向き逆移動倒立3/3移動下りBack Stöckli to Hdst Travel 3/3EIV

D:6.0
E:7.100
Score:13.100

ベルキ、ブスナリは決めるがアイヒホルンで落下。その後のシュピンデルでもわずかに詰まるが、それ以上のミスは見せず何とか演技を通す。


#3 つり輪 SR

1.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
2.中水平支持MalteseDII
3.け上がり脚前挙支持Kip to L-SitBIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
7.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.4
E:8.533
Score:13.933

今回は後ろ振り上がり中水平から入った。力技や振動倒立の決めや姿勢は良好で、着地も止める。耐える種目で高い得点をマークした。


#4 跳馬 VT

DEPenScore
ドリッグスKasamatsu Lay 3/25.29.00014.200

跳馬はロペスかとも実況されたがドリッグス。着地は両足前に跳ねる。姿勢は良好。


#5 平行棒 PB


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.ヒーリーHealyDI
3.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
4.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
5.モイMoyCIII
6.バブサーBhavsarEIII
7.チッペルトTippeltDIII
8.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
9.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.0
E:8.366
Score:14.366

平行棒はまずまずの出来と言ったところで、全日本予選からの3試合を通じては一番低い得点となった。


#6 鉄棒 HB


1.ムニョス/ポッツォMunoz - PozzoEII
2.後方浮腰回転後ろ振り出し順手背面懸垂Stoop in to Back TossCIII
3.順手背面車輪Czech GiantDI
4.ケステKosteCIII
5.シュタルダーとび3/2ひねり片大逆手Stalder Hop 3/2 to MGDIII
6.ヤマワキYamawakiDII
7.エンドーEndoBIII
8.アドラーJamCIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.5
E:8.266
Score:13.766

優勝には13.531が必要な場面で、全日本の決勝では抜いたムニョス/ポッツオも入れてDスコア5.5の構成を完遂。着地は両足1歩跳ねる。

Total Score:84.098 (Total D:34.3)
Combined Total:254.363
Rank:1st



昨年は全日本を制しながらNHK杯でミスが出て4位だった谷川翔が、満を持してのNHK杯優勝。あん馬で落下がありましたが、最後は鉄棒で持てる構成を通しきっちり逃げ切り。初の世界選手権代表の座を手にするとともに、全日本の予選から常に1位をキープして、名実ともに日本のエースの地位を確たるものとしました。

演技構成は全日本と基本的に同じ。あん馬が予定どおりだったとしても合計Dスコアは34.7と高くはありません。得点も全日本予選からの3試合の平均が84点台と世界で戦うには大きく不足しています。さらなる難度アップが必須となりますが、この選手であればそれほどの期間を要することなくそれが可能であるはずです。

この記事へのコメント