孫煒 - 2019年中国選手権:個人総合の演技

SUN Wei (CHN)
2019 CHN Nationals Zhaoqing AA


2019年中国選手権、個人総合2位の孫煒の演技です。

#1 ゆか FX


1.前方屈身2回宙返りDouble Front PkEII
2.後方伸身2回宙返りDouble Back LayDIII
3.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねりDouble Back 2/1EIII
4.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
5.~前方伸身宙返りひねり+ Front Lay 1/2BII(CV:0.1)
6.前方伸身宙返り1回ひねりFront Lay 1/1CII
7.~前方伸身宙返り3/2ひねり+ Front Lay 3/2CII
8.フェドルチェンコFedorchenkoCI
9.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:5.7
E:7.900
Pen:-0.5
Bonus:0.05
Score:13.150

久々にDスコア5.7という上げた構成で臨んできた。ペナルティ(ND)が0.5も付いており、ラインオーバーは無いようなので、タイムオーバーでこれだけ引かれたか。ルールでは70秒の演技時間に対し、5秒を超えると0.5の減点となる。


#2 あん馬 PH


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.Eコンバイン2 Flops + R360EII
5.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
6.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
7.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.3
E:8.300
Score:14.600

個人総合ワールドカップ・バーミンガム大会でも見せたDスコア6.3のほぼフル構成。マジャールで旋回が乱れるが、それ以外は良好な旋回を見せる。


#3 つり輪 SR


1.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
2.中水平支持MalteseDII
3.アザリアンBack Roll to CrossDII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
6.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.伸腕伸身力倒立Press to HdstCII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.9
E:7.950
Score:13.850

つり輪は個人総合ワールドカップシリーズでは難度を抑えていたが、今回はアザリアンを復活させてほぼフル構成となるDスコア5.9。着地は後ろに両足1歩。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ロペスKasamatsu Lay 2/15.68.9000.114.400

跳馬は姿勢良好のロペスだが、着地は片足大きく1歩でラインも割る。


#5 平行棒 PB


1.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
2.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
3.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
4.ドミトリエンコDimitrenkoEII
5.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
6.バブサーBhavsarEIII
7.伸腕屈身力倒立Pike Press to HdstBI
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.2
E:8.700
Score:14.900

これまではA難度技が入ることもあった平行棒だが、今回はドミトリエンコもバブサーも入れたDスコア6.2のフル構成。終末技は1歩動いたが、姿勢は素晴らしい。


#6 鉄棒 HB


1.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
2.アドラーひねりJam 1/2DIII
3.伸身トカチェフTkatchev LayDII
4.~リンチ+ LynchDII(CV:0.2)
5.モズニクMoznikEII
6.前方車輪1回ひねり大逆手1/1 to ElCI
7.ヤマワキYamawakiDII
8.エンドーEndoBIII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.0
E:8.600
Score:14.600

鉄棒はこのDスコア6.0の構成を続けている。アドラーひねり系の決めなど気になるところもあるが、大きなミスなく演技を通す。

Total Score:85.500 (Total D:35.7)
Combined Total:169.450
Rank:2nd



1日目はゆかで12点台などと振るわず83.950(内規加点を含む)で暫定4位と出遅れましたが、この2日目は85点台と実力を発揮しトータルで2位に入りました。

いくつかの種目で難度を上げ合計Dスコアは35.7にまで上がりました。実施は従来の質をしっかりキープしている感があり、今後も要チェックの選手の一人です。

この記事へのコメント