谷川航 - 2019年ワールドカップ・東京大会:個人総合の演技

TANIGAWA Wataru (JPN)
2019 Individual All-Around World Cup Tokyo (JPN)


2019年個人総合ワールドカップ・東京大会、2位にはワイルドカードで出場の谷川航が入りました。

#1 ゆか FX


1.前方伸身宙返り2回ひねりFront Lay 2/1DII
2.~前方伸身宙返り3/2ひねり+ Front Lay 3/2CII(CV:0.1)
3.前方屈身2回宙返りひねりDouble Front Pk 1/2FII
4.前方屈身2回宙返りDouble Front PkEII
5.マンナMannaCI
6.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
7.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
8.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
9.~前方伸身宙返り1回ひねり+ Front Lay 1/1CII(CV:0.1)
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:6.0
E:8.233
Pen:0.3
Score:13.933

Dスコア6.0の従来構成で順調に演技を進めていたが、最後の着地がぶれてしまう。両足ラインオーバーとなったのは痛かった。


#2 あん馬 PH


1.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
2.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.Dコンバイン2 Flops + R180DII
5.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
6.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
7.縦向き前移動(1-2-5)Front Loop Travel 1-2-5DIII
8.シバドSivadoDIII
9.シュテクリBDSBBII
10.下向き逆移動倒立450°ひねり下りBack Stöckli to Hdst 450DIV

D:5.7
E:8.200
Score:13.900

終末技はE難度を予定していたと思われるが、バランスが偏り移動が難しくなったとみるや、すかさず馬端で1回ひねってD難度で下りる。素晴らしい機転を見せた。


#3 つり輪 SR


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.0
E:8.500
Score:14.500

Dスコア6.0はこれまでと変わらないが、後ろ振り上がり中水平(E)を後方け上がり中水平に、アザリアン(D)をナカヤマに替えている。Eスコアアップに寄与しているか。全体的に実施は良好で、着地も止める。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ブラニクHdsp Double Front Pk5.69.26614.866

跳馬は得意のブラニク。高さもあり、姿勢も良い。着地を両足1歩跳ねる程度に収めて高いEスコアを出す。


#5 平行棒 PB


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.ヒーリーHealyDI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.モイMoyCIII
6.バブサーBhavsarEIII
7.チッペルトTippeltDIII
8.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
9.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.2
E:8.433
Score:14.633

平行棒も従来構成で着地もピタリと止める。終末技は脚も閉じられており素晴らしい。棒下ひねり倒立がはまらなかったが、Eスコアは比較的伸びた。


#6 鉄棒 HB


1.ヤマワキYamawakiDII
2.伸身トカチェフTkatchev LayDII
3.トカチェフTkatchevCII
4.モズニクMoznikEII
5.アドラーJamCIII
6.大逆手車輪Giant ElBI
7.大逆手エンドーEndo ElCIII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.5
E:8.333
Score:13.833

減点対策か順手背面車輪を抜いておりDスコアは下がっている。実施はまずまず、着地は少し大きく跳ねた。

Total Score:85.665 (Total D:35.0)
Rank:2nd



得意のゆかで4位と出遅れましたが、その後は良好な実施を見せ、3種目目で2位に付けてサミュエル・ミクラック(アメリカ)に食らいつくと、5種目目を終えた時点でなんと0.001差にまで迫ります。最終種目の鉄棒では難度、実施ともに上回るミクラックに突き放されましたが、堂々の2位に入りました。

2018年個人総合スーパーファイナルは11位に終わり、このワールドカップもワイルドカードとしての出場でしたが、ここへきて意地を見せました。この後に控える全日本選手権やNHK杯での演技が俄然楽しみになってきました。

この記事へのコメント