萱和磨 - 2019年ワールドカップ・バーミンガム大会:個人総合の演技

KAYA Kazuma (JPN)
2019 Individual All-Around World Cup Birmingham (GBR)


2019年個人総合ワールドカップ・バーミンガム大会の日本代表は萱和磨で3位に入っています。シュトゥットガルト大会と同様9人による大会ですが、こちらは2組に分かれての進行で、萱のローテーションはあん馬からでした。

#1 あん馬 PH


1.横向き旋回1回ひねりFlair 1/1 SpindleDII
2.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.Dコンバイン2 Flops + R180DII
5.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
6.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
7.トン・フェイTong FeiDIII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.2
E:7.600
Score:13.800

最初にシュピンデルを入れてくる一方、2018年ブルーメ・メモリアルで見せたショーン(E)は抜いている。ブスナリ(F)や開脚の縦向き移動も使っておらず構成の模索が続いているか。実施は旋回の乱れもあったが何とか通す。


#2 つり輪 SR


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
3.アザリアンBack Roll to CrossDII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1FIV

D:6.1
E:8.033
Score:14.133

つり輪は従来構成。おおむね良好な実施を見せ14点台に乗せる。


#3 跳馬 VT


DEPenScore
ドリッグスKasamatsu Lay 3/25.28.70013.900

着地は大きく後ずさったが、本人としてはセーフといったところか。Eスコアは伸びない。


#4 平行棒 PB


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.ヒーリーHealyDI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
6.バブサーBhavsarEIII
7.チッペルトTippeltDIII
8.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
9.単棒横向き閉脚浮腰上がり倒立Side Glide L Up to HdstCIII
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.3
E:8.266
Score:14.566

バブサーやチッペルトはもう少し大きさが欲しい。細かなミスはあったが全体としてはまずまずの実施。


#5 鉄棒 HB


1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.伸身トカチェフTkatchev LayDII
3.トカチェフTkatchevCII
4.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
5.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
6.ヤマワキYamawakiDII
7.後方浮腰回転後ろ振り出し順手背面懸垂Stoop in to Back TossCIII
8.順手背面車輪Czech GiantDI
9.ケステKosteCIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.7
E:8.266
Score:13.966

2018年ブルーメ・メモリアルで挑戦して落下したコールマン(E)はまだ未完成か。順手背面車輪はなんとかケステまでつないだが、理想的にはより雄大な捌きが求められる。


#6 ゆか FX


1.前方かかえ込み2回宙返りひねりDouble Front 1/2EII
2.前方屈身2回宙返りDouble Front PkEII
3.前方伸身宙返り2回ひねりFront Lay 2/1DII
4.~前方伸身宙返り1回ひねり+ Front Lay 1/1CII(CV:0.1)
5.フェドルチェンコFedorchenkoCI
6.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
7.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
8.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
9.~前方伸身宙返りひねり+ Front Lay 1/2BII(CV:0.1)
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:5.8
E:7.566
Score:13.366

最後の着地が乱れ手を突いてしまう。中技の実施が良かっただけに残念。

Total Score:83.731 (Total D:35.3)
Rank:3rd



暫定順位は常に2~3位に付けており、5種目目を終えた時点で2位の孫煒(中国)との差はごくわずかでしたが、最後のゆかの着地で順位が決まりました。振り返ってみれば得意のあん馬でもう少し得点が欲しかったところです。

合計Dスコアは35.3ですが、2018年は35.6まで出していました。Dスコアについては積極的な選手であり、今後戻してくるあるいはさらなる高みを見据えていることでしょう。できればEスコアについてもさらに伸ばし、世界の個人総合戦線で戦える86点台を目指してほしいと思います。

この記事へのコメント