三輪哲平 - 2019年ワールドカップ・シュトゥットガルト大会:個人総合の演技

MIWA Teppei (JPN)
2019 Individual All-Around World Cup Stuttgart (GER)


2019年個人総合ワールドカップ・シュトゥットガルト大会に日本からは三輪哲平が出場。2018年個人総合スーパーファイナルで2位に入って切符を手にしましたが、初のワールドカップは7位という結果でした。

#1 ゆか FX


1.前方屈身2回宙返りDouble Front PkEII
2.後方伸身宙返り7/2ひねりBack Lay 7/2EIII
3.後方伸身宙返り3/2ひねりBack Lay 3/2CIII
4.~前方伸身宙返り2回ひねり+ Front Lay 2/1DII(CV:0.1)
5.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
6.フェドルチェンコFedorchenkoCI
7.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
8.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
9.~前方伸身宙返りひねり+ Front Lay 1/2BII(CV:0.1)
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:5.8
E:8.000
Score:13.800

ゆかは従来構成のDスコア5.8。おおむね良好な実施で、順調なスタートを切ったに見えたのだが…。


#2 あん馬 PH


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.Eフロップ4 FlopsEII
3.Dコンバイン2 Flops + R180DII
4.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
5.トン・フェイTong FeiDIII
6.縦向き前移動(1-2-5)Front Loop Travel 1-2-5DIII
7.シバドSivadoDIII
8.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
9.把手上下向き転向CzechkehrBII
10.〈終末技なし〉

D:4.8 (EGR IV:0.0)
E:7.366
Score:12.166

地味なところだが縦向き前移動を1-2-3-4-5から1-2-5に変えた様子。順調に演技を進めていたが、最後に終末技を倒立に上げられず。終末技なしとなり大きくDスコアを下げる。


#3 つり輪 SR


1.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
2.アザリアンBack Roll to CrossDII
3.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
6.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
7.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.6
E:7.466
Score:13.066

つり輪も従来構成。力技の姿勢は減点を免れないが、我慢の演技を続ける。しかし、最後の着地で大きく後ずさりしてしまった。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ロペスKasamatsu Lay 2/15.69.13314.733

跳馬はロペス。雄大さなど課題がないわけではないが、この大技を軽々と跳んでいる感じはすごい。


#5 平行棒 PB


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.マクーツMakutsEI
3.ヒーリーHealyDI
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
6.ベーレBelleDIII
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:6.3
E:7.133
Score:13.433

おおむね良好な実施を見せていたが、最後の倒立で肘が曲がると、着地が後ろにかかり尻もちを突いてしまう。


#6 鉄棒 HB


1.カッシーナCassinaGII
2.コールマンKolmanEII
3.モズニクMoznikEII
4.伸身トカチェフTkatchev LayDII
5.~トカチェフ+ TkatchevCII(CV:0.1)
6.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
7.シュタルダーとび3/2ひねり片大逆手Stalder Hop 3/2 to MGDIII
8.アドラーJamCIII
9.エンドーEndoBIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.2
E:8.266
Score:14.466

カッシーナを入れて難度アップ。コバチ系、トカチェフ系を使いこなし連続技も見せるという見応えのある構成。着地もわずかに跳ねる程度に留めて最後はしっかりと決めた。

Total Score:81.664 (Total D:34.3)
Rank:7th



1種目目のゆかで3位スタートとしましたが、その後のミスで4種目目までは最下位の9位。最終種目の鉄棒は全体1位でしたが、さすがにこの種目だけでは巻き返せず7位となりました。

特にあん馬で大きくDスコアを下げましたが、これが予定どおりなら合計Dスコアは35.2。12月のボローニンカップでは平行棒をF難度で下りており、35.4までは視野に入っています。大会は3月でしたから当時は高校3年生であり、これは相当に高い水準と言えるでしょう。この4月から順天堂大学1年生の三輪に今後も大いに期待がかかります。

この記事へのコメント