2019年ワールドカップ・ドーハ大会:種目別つり輪の演技

2019 Individual Apparatus World Cup Doha (QAT) EF SR


2019年種目別ワールドカップ・ドーハ大会:つり輪の上位選手の演技です。

蘭星宇 LAN Xingyu (CHN)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
6.ヤマワキYamawakiCI
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.ナカヤマBack Lever to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1FIV

D:6.4
E:8.700
Score:15.100

種目別ワールドカップシリーズは2018年のバクー大会以来。後転系の水平技を2つ揃えるなどしてDスコアを上げている。伸身新月面の姿勢には課題もあるが、力強さを増した演技で見事初優勝。


TOVMASYAN Artur (ARM)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.ナカヤマBack Lever to CrossDII
8.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.1
E:8.733
Score:14.833

安定した中技の実施を見せる。着地で大きく1歩動いたにも関わらず高いEスコアを出した。


DAVTYAN Vahagn (ARM)


1.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.後ろ振り上がり十字懸垂Back Uprise to CrossCIII
8.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.1
E:8.725
Score:14.825

良好な実施でこちらは着地まで止めるが、わずかにEスコアが及ばなかった。力技の決めで差が付いたか。


暫定ランキング Standing
2018/20192019/2020
GERAUSAZEQATGERAUSAZEQATT
1.劉洋 LIU Yang (CHN)3030--60
2.TULLOCH Courtney (GBR)1216301058
3.尤浩 YOU Hao (CHN)202512-57
4.RADIVILOV Igor (UKR)181420752
5.AIT SAID Samir (FRA)25-101651
6.COLAK Ibrahim (TUR)16-141444
15.高橋一矢 (JPN)-18--18
24.柚木健大朗 (JPN)---55



Dスコアの高い強豪を抑えアルメニア勢が2位、3位と健闘しました。バクー大会優勝のタロックは着地に失敗して8位。ポイントを伸ばせませんでしたが、やはり一度の優勝は大きくランキングは2位をキープしています。

この記事へのコメント