ニキータ・ナゴルニー - 2019年ロシア選手権:個人総合の演技

NAGORNYY Nikita (RUS)
2019 RUS Nationals Penza AA


2019年ロシア選手権の個人総合はニキータ・ナゴルニーが優勝しています。演技構成を見ていきましょう。

Dスコア、Eスコア、ペナルティ(ND)の内訳が判っていません。よってDスコアとペナルティは手元の計算による非公式、Eスコアは決定点からの逆算となっています。ご注意ください。

#1 ゆか FX


1.リューキンTriple BackHIII
2.前方屈身2回宙返りひねりDouble Front Pk 1/2FII
3.前方伸身宙返り2回ひねりFront Lay 2/1DII
4.~前方かかえ込み2回宙返り+ Double FrontDII(CV:0.2)
5.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
6.~前方伸身宙返り1回ひねり+ Front Lay 1/1CII(CV:0.1)
7.~前方伸身宙返り3/2ひねり+ Front Lay 3/2CII
8.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねりDouble Back 2/1EIII
9.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り1回ひねりDouble Back 1/1DIII

D:6.7
E:8.633
Pen:0.1
Score:15.233

リューキンを着ピタ! もはや軽々と実施しているようにすら見える。2018年世界選手権と比べると前方屈身ダブルひねりを取り入れ、さらに3連続の最後も前方3/2にしてDスコアを0.3も上げている。終末技は月面。ラインオーバーもあったが、パワフルな構成を通してみせた。


#2 あん馬 PH


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.ショーンSohnEII
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.Dコンバイン2 Flops + R180DII
5.シュテクリBDSBBII
6.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
7.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:5.9
E:8.033
Score:13.933

あん馬はDスコア5.9をキープ。この構成での安定感が増してきたように感じられる。


#3 つり輪 SR


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.0
E:7.700
Score:13.700

つり輪のこの構成も安定しているが、今回はヤマワキの停滞などで引かれたかEスコアが伸びなかった。着地は止める。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ドラグレスクHdsp Double Front 1/25.69.30014.900

跳馬も安定。ドラグレスクの着地は後ろに両足1歩跳ねるが、Eスコアは伸びた。


#5 平行棒 PB


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
3.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
6.マクーツMakutsEI
7.ヒーリーHealyDI
8.ディアミドフDiamidovCI
9.ディアミドフ1/4ひねり5/4 DiamidovDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.4
E:8.166
Score:14.566

平行棒も安定のDスコア6.4だが、ディアミドフ1/4ひねりで外に出てしまった。本来はディアミドフひねりの箇所。ここでEスコアも引かれたか。


#6 鉄棒 HB


1.ヤマワキYamawakiDII
2.伸身トカチェフTkatchev LayDII
3.モズニクMoznikEII
4.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
5.アドラーひねりJam 1/2DIII
6.トカチェフTkatchevCII
7.~リンチ+ LynchDII(CV:0.1)
8.ツォウ・リミンZou LiminCI
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.9
E:8.133
Score:14.033

2018年世界選手権を踏襲しているが、トカチェフからリンチを連続させ組合せ加点でDスコアを0.1アップさせている。着地も止めて14点台に乗せた。

Total Score:86.365 (Total D:36.5)
Combined Total:173.296
Rank:1st



2日間の合計で競われる個人総合はナゴルニーが86点台を揃えて圧勝。予選では86.931と決勝を上回る得点も出しています。なお、世界チャンピオンのアルトゥール・ダラロヤンは予選17位と不調で決勝を棄権しました。

ゆかや鉄棒でDスコアを上げて合計Dスコアはついに36.5。今サイクル世界2位タイの合計Dスコアと思われますが、さらに種目別決勝ではあん馬でDスコア6.0もマーク。その種目別決勝では6種目全てに登場。ゆかで2位、それ以外の5種目で優勝という獅子奮迅の活躍ぶりも見せました。この調子で突っ走ることができるか、2019年大いに注目の選手の一人です。

この記事へのコメント

  • 伸身ローチェ

    >ゆかで2位、それ以外の5種目で優勝という獅子奮迅の活躍ぶりも見せました。
     これが前回の世界選手権覇者ではない同じ国の選手というのだからとんでもない、そしてなぜか今回の記事で最高得点の床で2位とはロシアの人材の豊富さがうかがい知れます。さらに跳馬は別としてそれ以外の5種目で全Dスコアが5.9以上、決定点が13.700以上は素晴らしいの一言です。ただ吊り輪のEスコアはかなり厳しく採点されたように思えます。

    >ヤマワキの停滞など
     この「ヤマワキの停滞」とはどのようなことでしょう。回転は確かにややゆっくりのようですが停滞はしていないように見えたのですが……
    2019年03月12日 00:27
  • Ka.Ki.

    種目別ゆかはミスがあったようです。

    つり輪のヤマワキは瞬時ですが停滞していると思います。支持が見られると書いた方が適当だったかもしれませんが、ここで相応の減点を受けていると思われます。
    2019年03月13日 22:11
  • 伸身ローチェ

    >Ka.Ki.さん

     支持姿勢ということは「体の位置が高く腕が下にまっすぐ伸びている」ということでしょうか。それは確かにあるかもしれませんね。
     ちなみにCoPではヤマワキの欄に「輪と同じ高さ」で宙返りという文言はないんですね。これでは支持姿勢で思いっきり輪に体重をかけながら宙返りすることも可能になってしまうように見えるのですが。技ごととは別に"salt"は「輪と同じ高さ」で、という規定があったりするんでしょうか。
    2019年03月15日 00:54
  • Ka.Ki.

    支持は、手で器械を支えている(手より肩が上にある)状態です。ヤマワキは「宙返り」なので、支持が見られる、つまり手で輪を支えケーブルが緊張するような局面が見られてはいけません。当然「輪の高さで」という要件もありません。高さと大きさのある雄大な捌きが理想だと思います。
    2019年03月15日 22:32
  • 伸身ローチェ

    >Ka.Ki.さん
     ご返答ありがとうございます。
     なるほど「宙」返りである以上は輪で体を引き上げるような局面がある実施はそれが支持や懸垂、十字懸垂にかかわらず減点の対象になる不正な実施ということですね。
     件のヤマワキでは確かにケーブルがピンッと張っていて、はっきり引っ張る力がかかっていますね。後ろ振り上がりで勢いがつかず途中で落っこちそうになるのを留めるためだったのでしょう。
     比較対象としてリオデジャネイロオリンピックの内村選手の個人総合でのヤマワキを見てきましたがケーブルがたわむほどでまさに「宙」返りをしていました。
     しかし、こちらのサイトで張り付けているYouTubeの動画は多くが削除されてしまっていますね。その上Youkuは読み込むことができず始め参考に見ようとしていたペトロニアス選手の実施はとうとう見ることができませんでした。
    2019年03月16日 00:55