2019年ワールドカップ・メルボルン大会:種目別つり輪の演技

2019 Individual Apparatus World Cup Melbourne (AUS) EF SR


2019年種目別ワールドカップ・メルボルン大会:つり輪の上位選手と日本人選手の演技です。

劉洋 LIU Yang (CHN)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.バランディン2Vertical Pull Up to Inv-CrossFII
3.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
4.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
5.引き上げ上水平支持Press to PlancheDII
6.ヤマワキYamawakiCI
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.ナカヤマBack Lever to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.4
E:8.766
Score:15.166

コトブス大会と同じDスコア6.4の構成。相変わらずの安定した実施で、着地もわずかに跳ねる程度に収めて種目別ワールドカップ2連勝。


尤浩 YOU Hao (CHN)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
3.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.伸身グチョギーGuczoghy LayEI
6.アザリアンBack Roll to CrossDII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.4
E:8.733
Score:15.133

尤浩もDスコア6.4だが、力技の決めでは劉洋に分があるか。着地を止めるがEスコアはわずか0.033及ばず。


ZANETTI Arthur (BRA)


1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
3.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.2
E:8.766
Score:14.966

2018年世界選手権から使っている構成。着地を止めて劉洋と並ぶEスコアを出すが、Dスコアで差が付いた。


4th 高橋一矢 TAKAHASHI Kazuya (JPN)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
3.アザリアンBack Roll to CrossDII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1FIV

D:6.2
E:8.400
Score:14.600

決定点は上位3人に差を付けられているが、予選8位通過から大きくEスコアを上昇させ、コートニー・タロック(イギリス)とのタイブレイクを制したのは立派。堂々の4位に入る。



劉洋がコトブス大会から2連勝でオリンピックに向けて極めて優位な位置に。尤浩も順位を1つ上げた2位とDスコア6.4を誇る中国勢がワンツーフィニッシュを決めています。1~3位が予選と全く同じというつり輪ならではの堅い勝負の中にあって高橋の健闘も光りました。

この記事へのコメント