2018年ワールドカップ・コトブス大会:種目別鉄棒の演技

2018 Individual Apparatus World Cup Cottbus (GER) EF HB


2018年種目別ワールドカップ・コトブス大会:鉄棒の演技です。

ZONDERLAND Epke (NED)


1.エンドー1回ひねり大逆手Endo 1/1 to ElDIII
2.カッシーナCassinaGII
3.~コバチ+ KovacsDII(CV:0.2)
4.コールマンKolmanEII
5.~ゲイロード2+ Gaylord2EII(CV:0.2)
6.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
7.アドラーひねりJam 1/2DIII
8.シュタルダーStalderBIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.7
E:8.166
Score:14.866

世界選手権ではDスコア6.8だったが、今回はアドラー1回ひねりを片逆手にして6.7。手放し技の脚割れは目に付くが、勢いのある演技で一気に終末技まで畳みかける。着地もほぼ止める。


SRBIC Tin (CRO)


1.前方車輪1回ひねり大逆手1/1 to ElCI
2.トカチェフTkatchevCII
3.~伸身トカチェフ+ Tkatchev LayDII(CV:0.1)
4.~リンチ+ LynchDII(CV:0.2)
5.アドラーひねりJam 1/2DIII
6.モズニクMoznikEII
7.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
8.エンドーEndoBIII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.9
E:8.833
Score:14.733

世界選手権で見せたピアッティ(D)だけでなく、エンドー1回ひねり大逆手(D)も抜いて難度はかなり抑えている。連続技をやるくらいなので当然だがトカチェフの掴む位置がすこぶるいい。リンチ、モズニクでもいい表現を見せる。着地もピタリと決めて高いEスコアを出す。


宮地秀享 MIYACHI Hidetaka (JPN)


1.ミヤチMiyachiIII
2.カッシーナCassinaGII
3.コバチKovacsDII
4.コールマンKolmanEII
5.シュタルダーStalderBIII
6.シュタルダーひねり大逆手Stalder Higgins to ElCIII
7.大逆手車輪Giant ElBI
8.大逆手エンドーEndo ElCIII
9.アドラーひねりJam 1/2DIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.3
E:8.233
Score:14.533

予選8位でぎりぎりの決勝進出。I難度のミヤチで会場を沸かせると続く手放し技も決めて着地も止める。アドラーひねりの実施は課題。


4th DEURLOO Bart (NED)


1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.カッシーナCassinaGII
3.~コバチ+ KovacsDII(CV:0.2)
4.コールマンKolmanEII
5.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
6.ヤマワキYamawakiDII
7.エンドーEndoBIII
8.シュタルダーStalderBIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.2
E:8.100
Score:14.300

以前はコバチ~カッシーナの連続を使っていたが、今回はカッシーナ~コバチとつなげてくる。着地まで決めるがEスコアが伸びなかった。


5th LIKHOVITSKIY Andrey (BLR)


1.伸身トカチェフTkatchev LayDII
2.トカチェフTkatchevCII
3.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
4.リバルコRybalkoDI
5.アドラーJamCIII
6.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
7.ヤマワキYamawakiDII
8.順手背面車輪Czech GiantDI
9.リホヴィツキーKoste 1/2 to ElDIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.7
E:8.533
Score:14.233

2つのトカチェフを雄大に決めた後は、独特の捌き方を見せるホップターンとリバルコ、後半には順手背面車輪と見せ場の多い演技。着地は少し跳ねる。


6th VECSERNYES David (HUN)


1.ツォウ・リミンZou LiminCI
2.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
3.アドラーひねりJam 1/2DIII
4.伸身トカチェフTkatchev LayDII
5.コールマンKolmanEII
6.トカチェフTkatchevCII
7.リンチLynchDII
8.ヤマワキYamawakiDII
9.エンドーEndoBIII
10.ヘイデンDouble Back Lay 1/1 over BarDIV

D:5.7
E:8.300
Score:14.000

2つのアドラーで角度減点を受けたか。ヘイデンの着地は止める。


7th MARIANO Arthur (BRA)


1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
3.伸身トカチェフTkatchev LayDII
4.~トカチェフ+ TkatchevCII(CV:0.1)
5.~リンチ+ LynchDII(CV:0.1)
6.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
7.イエーガー〈この後、落下〉JägerCII
8.ヤマワキYamawakiDII
9.シュタルダーStalderBIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.8
E:7.233
Score:13.033

伸身トカチェフからの3連続を決める。イエーガーは今日の鉄棒では珍しくなったが、ここはヴィンクラー(F)まで上げることを狙っている。しかし、この後のけ上がりでバーを掴みそこねて落下。ひやりとする落ち方だったが、演技を再開する。


8th MACCHINI Carlo (ITA)


1.コールマンKolmanEII
2.コバチ〈落下して再試技〉KovacsDII
3.シュタルダーStalderBIII
4.リバルコRybalkoDI
5.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
6.ヤマワキYamawakiDII
7.エンドーEndoBIII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.6
E:6.866
Score:12.466

コバチが遠くなり落下。果敢にやり直して掴むが、その後も細かいミスが目立った。



2018年と2017年の世界チャンピオンが1位、2位。ゾンダーランドは世界選手権にほぼ準じた構成で貫録を見せ、スルビッチがDスコア5.9ながら正確な実施で意地を見せました。

宮地はデューローら並みいる実力者を抑えて3位に入ったのは立派でしたが、やはりDスコアが欲しいところ。ブレットシュナイダー(H)の復活が望まれます。

この記事へのコメント