萱和磨 - 2018年世界選手権:個人総合の演技

KAYA Kazuma (JPN)
2018 Worlds Doha (QAT) AA


2018年世界選手権・ドーハ大会、個人総合6位の萱和磨の演技です。あん馬からのスタートでした。

#1 あん馬 PH


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.把手上下向き転向CzechkehrBII
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.Dコンバイン2 Flops + R180DII
5.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
6.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
7.トン・フェイTong FeiDIII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.0
E:8.100
Score:14.100

団体決勝と同様ブスナリ(F)は抜いてきた。終始安定した実施に見えたが、Eスコアは思ったより伸びなかったか。


#2 つり輪 SR

1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
3.アザリアンBack Roll to CrossDII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
7.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1FIV

D:6.1
E:7.900
Score:14.000

力技の決めは悪くなく、着地も少し上体は揺れたものの堪えて止めるが、Eスコアは8点に届かない。


#3 跳馬 VT


DEPenScore
ドリッグスKasamatsu Lay 3/25.29.16614.366

着地前に小さく1歩。まずまずの跳越となる。


#4 平行棒 PB


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.ヒーリーHealyDI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
6.バブサーBhavsarEIII
7.チッペルトTippeltDIII
8.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
9.単棒横向き閉脚浮腰上がり倒立Side Glide L Up to HdstCIII
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.3
E:8.466
Score:14.766

安定した実施で着地も止める。14点台後半の高得点をマーク。


#5 鉄棒 HB


1.アドラーひねりJam 1/2DIII
2.伸身トカチェフTkatchev LayDII
3.トカチェフTkatchevCII
4.後方浮腰回転後ろ振り出し順手背面懸垂Stoop in to Back TossCIII
5.順手背面車輪Czech GiantDI
6.ケステKosteCIII
7.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
8.ヤマワキYamawakiDII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.7
E:8.033
Score:13.733

予選で決まらなかったケステは認定されたが、少なからず減点は伴っていると思われる。手放し技、終末技は雄大性が求められる。


#6 ゆか FX

1.前方かかえ込み2回宙返りひねりDouble Front 1/2EII
2.前方屈身2回宙返りDouble Front PkEII
3.前方伸身宙返り2回ひねりFront Lay 2/1DII
4.~前方かかえ込み宙返り1回ひねり+ Front 1/1BII(CV:0.1)
5.フェドルチェンコFedorchenkoCI
6.開脚座から力十字倒立Split Press to Japanese HdstCI
7.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
8.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
9.~前方伸身宙返りひねり+ Front Lay 1/2BII(CV:0.1)
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:5.7
E:8.100
Score:13.800

国内では1本目を屈身にするなどしてDスコア5.9を出していたが、この大会では5.7~5.8に留まった。着地は少しずつ動く。

Total Score:84.765 (Total D:35.0)
Rank:6h



予選10位、第2組でスタートの萱が白井健三を上回り、日本勢では最高の6位に食い込みました。あん馬のブスナリを抜くなどして合計Dスコアは国内より0.6低い35.0となりましたが、大きなミスなく6種目を通してみせました。

そのファイト、予選からのジャンプアップは見事でしたが、上位にロシア勢2人、中国勢2人がいることも厳然たる事実。2020年東京オリンピックでは団体が4人制となりオールラウンダーの力がより重要になってきます。団体決勝に続き、個人総合でも日本の強化の必要性が浮き彫りになりました。

この記事へのコメント

  • ユーマォ

    あん馬とつり輪はEが非常に辛かった印象です。
    とはいえ、日本ではこの2種目を一番任せられるのは現状萱ですから、なんとか頑張って欲しいです。
    それ以外で言えば、まずゆかと跳馬は本来よりDを落としてますので、よりEを高めて欲しいです。
    ここから先は妄想も入ります。
    平行棒や鉄棒はDをアップする余地があるように感じました。
    平行棒は既に高いDを持っていますが、彼の腕力があれば、棒下技をF(テンハイビン)やG難度(ヤマムロ)に高めたりする事が出来そうな気がします。
    また、鉄棒は手放し技がトカチェフ系2つとヤマワキですが、トカチェフ系2つについては、捻る、連続して実施するなどの加点が見込めるのではないでしょうか。
    例えば、伸身トカチェフから繋げて開脚トカチェフを半分ひねって、更にヤマワキにつなげれば結構な加点ですよね。
    もちろん、簡単ではありませんが、まだ一年ギリギリあるので、Dアップにもチャレンジしてみて欲しいです。
    2018年11月12日 15:54
  • Ka.Ki.

    あん馬とつり輪は確かに頼りにしたい選手です。この2種目でEスコアを高めるのは他の種目よりもさらに難しそうですが、是非頑張ってほしいと思います。
    2018年11月13日 23:50