肖若騰 - 2018年世界選手権:個人総合の演技

XIAO Ruoteng (CHN)
2018 Worlds Doha (QAT) AA


2018年世界選手権・ドーハ大会、個人総合2位の肖若騰(中国)の演技です。

#1 ゆか FX


1.後方伸身宙返り7/2ひねりBack Lay 7/2EIII
2.~前方伸身宙返りひねり+ Front Lay 1/2BII(CV:0.1)
3.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
4.~前方伸身宙返り2回ひねり+ Front Lay 2/1DII(CV:0.2)
5.後方伸身2回宙返りDouble Back LayDIII
6.前方伸身宙返り5/2ひねりFront Lay 5/2EII
7.シュピンデル・ゴゴラーゼ1/1 Spindle to GogoladzeDI
8.ゴゴラーゼGogoladzeCI
9.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:6.1
E:8.033
Score:14.133

D+Dの連続技などを入れたDスコア6.1のフル構成。最初の後方7/2のひねり不足が気になる。前方5/2は予選から安定しておらず団体決勝では転倒してしまったが、ここでも不安定な着地になった。しかし、団体決勝で分割されてしまったシュピンデル・ゴゴラーゼは確実に決め、最後の着地も上体は動いたが止めきって見せた。当初Dスコア5.9が出たが、その後修正された。


#2 あん馬 PH


1.マジャール・シュピンデルLoop 1/1 SpindleDII
2.トン・フェイTong FeiDIII
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
5.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
6.Dコンバイン2 Flops + R180DII
7.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.1
E:8.600
Score:14.700

日本の中継では放送されたが、映像がないので同じ構成となる予選の動画を。乱れのない旋回を見せ、終末技もスピーディーに決めて見せた。


#3 つり輪 SR


1.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
2.中水平支持MalteseDII
3.アザリアンBack Roll to CrossDII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
6.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
7.後ろ振り上がり十字懸垂Back Uprise to CrossCIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.7
E:8.633
Score:14.333

力技、振動力技ともに決めがいい。新月面の着地も落ち着いて決めた。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ロペスKasamatsu Lay 2/15.69.26614.866

着手姿勢、空中姿勢ともに良好なロペスを跳ぶ。着地は後ろに大きめの1歩。


#5 平行棒 PB


1.前振り上がりひねり倒立Front Uprise 1/2 to HdstEII
2.ドミトリエンコDimitrenkoEII
3.ヒーリーHealyDI
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
6.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
7.ベーレBelleDIII
8.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
9.チッペルトTippeltDIII
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:6.2
E:9.133
Score:15.333

前振り上がり倒立を始めとして倒立系の技の決めが良い。終始安定した実施を見せ、着地もわずかにずれる程度に収める。


#6 鉄棒 HB


1.リューキンLiukinFII
2.エンドー1回ひねり片大逆手Endo 1/1 to MGCIII
3.伸身トカチェフTkatchev LayDII
4.トカチェフTkatchevCII
5.リンチLynchDII
6.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
7.ヤマワキYamawakiDII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.0
E:8.233
Score:14.233

団体決勝では落下した大技リューキンを始め5つのとび越し系の手放し技を次々と決める。エンドー1回ひねりは通常は大逆手(D)で持つが、片大逆手になった。フェドルチェンコ(F)まで実施する選手だけに、伸身新月面では余裕の開きを見せる。

Total Score:87.598 (Total D:35.7)
Rank:2nd



予選を1位で通過。鉄棒の最終演技を終え表示された決定点は、アルトゥール・ダラロヤン(ロシア)へのターゲットスコアと同じ14.233。なんと6種目の合計が全く同じ87.598で並ぶことになりました。この場合、最も低い種目の得点を除いた5種目の合計得点が高い選手が上位となるというタイブレイクが適用されます。まさかの結末となりましたが、試合後はアスリートらしくライバルを称えました。

団体決勝こそミスがありましたが、合計Dスコア35点台後半のハイレベルな構成を確実に遂行し、予選、決勝ともに87点台を揃えるという稀有なオールラウンダーぶりを見せつけました。難度を抑えて優勝した1年前からますます強さを増したと言ってよさそうです。

この記事へのコメント