白井健三 - 2018年NHK杯:個人総合の演技

SHIRAI Kenzo (JPN)
2018 NHK Trophy AA


2018年NHK杯、2位の白井健三の演技構成を確認しておきましょう。

動画はNHKにより一部アップされていますが、埋め込みができないので記事中のリンクを参照してください。

#1 ゆか FX

1.シライ3Double Back Lay 3/1HIII
2.リ・ジョンソンDouble Back 3/1GIII
3.前方かかえ込み宙返り1回ひねりFront 1/1BII
4.~シライ2+ Front Lay 3/1FII(CV:0.1)
5.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
6.~前方伸身宙返り5/2ひねり+ Front Lay 5/2EII(CV:0.2)
7.伸膝前転脚前挙支持経過倒立Endo Roll Pk to HdstCI
8.後方伸身宙返り7/2ひねりBack Lay 7/2EIII
9.~前方伸身宙返り1回ひねり+ Front Lay 1/1CII
10.シライ/グエンBack Lay 4/1FIII

D:7.2
E:8.233
Score:15.433

動画はこちらから。2017年の全日本以降、構成を固定していたゆかだが、今回はタンブリングの順番を変えてきた。3本目と4本目、後方5/2~前方5/2と、前方1回~シライ2を入れ替えている。全日本でひねり不足気味だったシライ2をより安定させようという意図か。実施は本来どおりで極端なひねり不足もないように見えたが、Eスコアは全日本決勝と同じに留まる。一つ一つの着地で引かれるべきところを引かれているか。


#2 あん馬 PH

1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.Eフロップ4 FlopsEII
3.モギルニーMoguilnyDIII
4.シュテクリBDSBBII
5.Dコンバイン2 Flops + R180DII
6.マジャールMagyarDIII
7.シバドSivadoDIII
8.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
9.縦向き後ろ移動(2/3)Back Loop Travel 2/3BIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:5.5
E:8.100
Score:13.600

あん馬も構成を変えている。モギルニーの後にシュテクリBを入れ、その関係でDコンバインもLLR180からSSR180に変わっている。一方、終末技はD難度で下りており、Dスコアは5.5と変わっていない。フロップで旋回が揺れ、そのまま最後まで安定させることができなかったように見えたが演技は通し切り、Eスコアは8.100と全日本の予選、決勝とほとんど変わらない点が出る。


#3 つり輪 SR

1.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
2.アザリアンBack Roll to CrossDII
3.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ヤマワキYamawakiCI
7.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
8.グチョギーGuczoghyCI
9.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.4
E:7.966
Score:13.366

つり輪はかなり構成を変えてきた。け上がりからの中水平(D)と後ろ振り上がり開脚上水平(C)を抜き、ホンマ十字懸垂が入っている。難度が取れる技は9技でDスコアは0.3ダウンだが、Eスコアは全日本の予選や決勝より0.1以上上がった。頭が低い着地になり1歩跳ねてしまったため、着地を決めればこの構成でもまずまずの決定点が見込めるかもしれない。


#4 跳馬 VT

DEPenScore
シライ/キム・ヒフンYurchenko Lay 3/15.69.23314.833

動画はこちらから。着地小さな1歩でEスコア9.233が出るが、15点に乗せた全日本の予選、決勝には及ばない。ここは0.1点でも多く点数を上積みしたいところ。


#5 平行棒 PB

1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
3.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
4.ベーレBelleDIII
5.チッペルトTippeltDIII
6.ヒーリーHealyDI
7.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
8.懸垂前振り後方かかえ込み宙返りひねり腕支持Giant Back Toss 1/2DIII
9.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.0
E:8.433
Score:14.433

平行棒は変わらぬ構成。着地は1歩動くが、中技は握り替えもほとんどなく安定した実施を見せた。


#6 鉄棒 HB

1.ヤマワキYamawakiDII
2.エンドーひねりEndo 1/2BIII
3.屈身コバチKovacs PkEII
4.アドラーJamCIII
5.ポゴレロフPogolerovFII
6.コバチKovacsDII
7.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.シュタルダーとび1回ひねりStalder Hop 1/1CIII
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.9
E:8.166
Score:14.066

動画はこちらから。鉄棒も変わらぬ構成。2つのコバチは掴む位置も良い。減点箇所も少なくはないが、この構成を安定して実施しているのは評価すべきところ。伸身新月面の着地もしっかり止める。

Total Score:85.731 (Total D:35.6)
Combined Total:257.895
Rank:2nd



ゆか、あん馬、つり輪で構成を変えると報じられていた白井ですが、難度を抑えたのはつり輪のみ。ゆかとあん馬は全日本と同じDスコアをキープし、合計Dスコア35.6の構成で挑んできました。一方、合計Eスコアは全日本とほとんど変わらず、結果的にはDスコアが0.3下がった分だけこの日の合計スコアも下がるかたちになりました。

試合は持ち点2位でスタート。得意のゆかですかさずトップに立ち、つり輪で後退するも跳馬で再びトップに立ちますが、この時点で谷川翔とは0.202差、内村とは0.535差。平行棒、鉄棒を控え、もう少し差を広げておきたいところではありました。最終種目、内村の鉄棒が先に終わり優勝に必要な得点は14.800、今の白井が鉄棒で出せるスコアではありませんでした。

しかし、ここで気持ちを切らさなかったのはさすがです。谷川翔が鉄棒で本来の得点を出せば2位も危ないという状況で、最後まで自分の演技をまっとうし、終わってみれば見事に世界選手権の切符を手にしていました。ワールドカップ・東京大会以降の4試合で常に86点前後を出すという尋常ならざる安定感の勝利でした。

この記事へのコメント

  • Alchemist

    NHK杯の演技構成や結果をまとめてくださりありがとうございます。
    白井選手のオールラウンダーとしての活躍を大変期待しています。

    今回の結果は、ご本人的には、”自分の演技ができた”ということだったと思います。昨年、エレガンス賞も受賞されていますので、Eスコアが8.5に満たない種目(あん馬、つり輪、鉄棒)が強化されれば、87点を超えてくる可能性が高いので、是非、チャンピオンを目指して欲しいです。

    今回もつり輪の倒立の決め(今回は着地も)が不十分だったように見えます。また、あん馬の旋回を遠くから見ると、膝が伸びきっていないことがあるように見えるのですが、試合着のせいもあるのでしょうか?内村選手と違います。
    2018年05月28日 00:00
  • ユーマォ

    ゆかや跳馬で引かれているのは、やはり着地と空中姿勢でしょうか。
    シライ/グウェンやシライ/キム・ヒフン程の攻めたひねりをしようとすると、脚の割れ、つま先の曲がり、着地の準備がどうしても困難ということなのでしょうか。
    Dスコアに拘る、というのは間違っていないと思うので(そもそもEに拘るのは、ある程度高いDが取れるのが前提)、その中でもEスコアを上げるために何が必要なのか、それがNHK杯や先日の全日本にでている気がします。

    個人的には、強化ポイントはあん馬と鉄棒(と平行棒)だと思います。
    あん馬は多分、DもEも普通にまだ上がると思います。
    出来栄えではなく、伸びしろの部分で好印象です。
    多分、つり輪が最後まで苦手種目になりそうな印象なので、あん馬が伸びるとかなり楽に戦ると思います。
    平行棒は今でもオールラウンダーとしては十分ですが、ここでもう一つ、Dが上がると化ける気がします。
    例えば、棒下倒立、車輪倒立、前振りひねり倒立あたりに、パッと目を引く技が入ると、印象が変わりそうです。
    鉄棒も、ひねり系やバーに近い技でもう一つDが上がると戦いやすくなりそうです。
    なぜ、平行棒と鉄棒か。
    なぜなら、鉄棒が得意なオールラウンダーが結構多く、彼らの追い上げを考えると最後の逃げ切り力や巻き返し力が今の彼に必要だと思われるからです。
    2018年05月28日 23:47
  • Ka.Ki.

    >Alchemistさん
    世界最高レベルの合計Dスコアを持ち、大きなミスなく86点前後を安定して出しているのは本当に素晴らしいと思います。一方、86点台後半からそれ以上を狙うためには、もう少しEスコアが必要になってくるかもしれません。これまでDスコアを上げ続けてきた白井選手なだけに、今後どのような個人総合の演技を見せてくれるか気になります。

    試合着と言えばこれは完全に私見ですが、白パンツに白ソックスの下半身白一色は、ひとたび足先が乱れたり、下駄を履いたりするととても目立ってしまう気はします。
    2018年05月28日 23:54
  • Ka.Ki.

    >ユーマォさん
    跳馬はまだ点が出ていますが、ゆかは着地の減点の厳格化などで以前よりEスコアが下がっているように思われます。まずは着地を止めることでしょうか。

    あん馬、鉄棒あたりももう少しEスコアが欲しいところではありますが、白井選手のこれらの種目は、実施キープでもう少し難度を上げる方が作戦としてはいいかもしれませんね。ただ、鉄棒のひねり技は減点も厳しいので、手放し技で上げられればとも思います。
    2018年05月29日 23:35