2018年ワールドカップ・ドーハ大会:種目別鉄棒の演技

2018 Individual Apparatus World Cup Doha (QAT) EF HB


2018年種目別ワールドカップ・ドーハ大会:鉄棒の上位選手と日本人選手の演技です。

SRBIC Tin (CRO)


1.前方車輪1回ひねり大逆手1/1 to ElCI
2.シュタルダーとび3/2ひねり大逆手Stalder Hop 3/2 to ElEIII
3.トカチェフTkatchevCII
4.~伸身トカチェフ+ Tkatchev LayDII(CV:0.1)
5.~リンチ+ LynchDII(CV:0.2)
6.アドラーひねりJam 1/2DIII
7.モズニクMoznikEII
8.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
9.エンドー1回ひねり大逆手Endo 1/1 to ElDIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.4
E:8.400
Score:14.800

2017年世界選手権の鉄棒チャンピオン。トカチェフ系の連続が見せ場だが、大逆手系の熟練した実施も見逃せない。アドラー1回ひねりはやや歪んでしまったが、着地はピタリと決める。


KIMBLE Marvin (USA)


1.リューキンLiukinFII
2.伸身トカチェフTkatchev LayDII
3.~モズニク+ MoznikEII(CV:0.2)
4.ツォウ・リミンZou LiminCI
5.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
6.アドラーひねりJam 1/2DIII
7.トカチェフTkatchevCII
8.~リンチ+ LynchDII(CV:0.1)
9.エンドーEndoBIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.3
E:8.233
Score:14.533

迫力のあるリューキンから入る。トカチェフ系の手放し技を5つ入れ、組合せ加点も稼いでおり、見応えのある演技になっている。


DENG Shudi (CHN)


1.伸身トカチェフTkatchev LayDII
2.~モズニク+ MoznikEII(CV:0.2)
3.アドラーひねりJam 1/2DIII
4.トカチェフTkatchevCII
5.リンチLynchDII
6.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
7.エンドー1回ひねり大逆手Endo 1/1 to ElDIII
8.ヤマワキYamawakiDII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.3
E:8.200
Score:14.500

とび越し系の手放し技が5つ。キンブルと同じく伸身トカチェフ~モズニクを使う。着地を止める。


7th 加藤凌平 KATO Ryohei (JPN)


1.懸垂振り出し倒立StemAIII
2.カッシーナCassinaGII
コールマン〈落下〉Kolman
3.アドラーひねりJam 1/2DIII
4.伸身トカチェフTkatchev LayDII
5.シュタルダーとび3/2ひねり片大逆手Stalder Hop 3/2 to MGDIII
6.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
7.ヤマワキYamawakiDII
8.エンドーEndoBIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:5.8
E:7.066
Score:12.866

動画は2:52:05から、またはこちらから。コールマン(E)で惜しくも落下してしまったが、鉄棒でも2016年以来と思われるフル構成で臨んだ。予選のDスコアは6.2。今大会の加藤は落下もあったが、この時期としてはよく攻めた構成で大きな手応えがあったのではないだろうか。



鉄棒も難度と実施を兼ね備えた実施が必要な種目であることが上位の3人を見ても分かります。手放し技を5つ入れていた選手は3人。予選1位の本命、肖若騰(中国)は落下があり6位になっています。

この記事へのコメント