2018年ワールドカップ・ドーハ大会:種目別あん馬の演技

2018 Individual Apparatus World Cup Doha (QAT) EF PH


2018年種目別ワールドカップ・ドーハ大会:あん馬の上位選手と日本人選手の演技です。

ZOU Jingyuan (CHN)


1.横向き旋回1回ひねりCircle 1/1 SpindleDII
2.トン・フェイTong FeiDIII
3.マジャール・シュピンデルLoop 1/1 SpindleDII
4.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
5.Eフロップ4 FlopsEII
6.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
7.Dコンバイン2 Flops + R180DII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.1
E:9.000
Score:15.100

中盤に交差技が入る古風(?)な構成。フロップとコンバインの間に挟むのも珍しい。終始、質の高い安定した旋回を見せEスコア9.000を出す。


LEE Chih-Kai (TPE)


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.下向き逆移動倒立3/3移動下ろして旋回Back Stöckli to Hdst 3/3 Lower to FlairEII
3.両把手を挟んで横向き旋回Flair outside PommelsBII
4.ケイハ2Flair 1/2 Spindle outside PommelsCII
5.アイヒホルンFlair 1/1 Spindle Travel and ReturnEII
6.横向き旋回1回ひねりFlair 1/1 SpindleDII
7.1回の旋回で正面横移動Front Hop Travel 3/3CIII
8.開脚マジャールFlair MagyarEIII
9.開脚シバドFlair SivadoEIII
10.下向き逆移動倒立3/3移動下りBack Stöckli to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.0
E:8.800
Score:14.800

前週のバクー大会ではケイハを見せたが、今大会は1/2ひねりのケイハ2に留まる。しかし終末技がD難度なのでDスコアは変わらず6.0をキープしている。こちらも終始、質の高い開脚旋回で演技を通すが、セア倒立でのわずかな脚の下がりなどは減点されているか。


YODER Alec (USA)


1.正交差ひねり逆交差入れFront Double ScissorBI
2.ショーンSohnEII
3.ベズゴBezugoEII
4.Eフロップ4 FlopsEII
5.Eコンバイン2 Flops + R360EII
6.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
7.マジャール・シュピンデルLoop 1/1 SpindleDII
8.縦向き前移動(1-2-5)Front Loop Travel 1-2-5DIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.2
E:8.500
Score:14.700

ショーンとベズゴという2つの一腕上の全転向技を使いこなす。ショーンは2017年の格上げ後、実施者が増えているが、ベズゴは非常に珍しい。すでにDスコア6.2を持つが、交差技がB難度であり、ここで難度を上げられればさらに上位が期待できる。


8th 加藤凌平 KATO Ryohei (JPN)


1.横向き旋回CircleAII
2.横向き旋回1回ひねりFlair 1/1 SpindleDII
3.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
4.縦向き後ろ移動(2/3)Back Loop Travel 2/3BIII
5.マジャール・シュピンデルLoop 1/1 SpindleDII
6.開脚マジャール〈この後、落下〉Flair MagyarEIII
7.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
8.Dコンバイン2 Flops + R180DII
9.Eフロップ4 FlopsEII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:5.7
E:6.666
Score:12.366

動画は1:33:50から。またはこちらから。横向きシュピンデルを取り入れ難度アップを図っている。開脚マジャールの後に落下。予選では開脚シバドも決めてDスコア6.1だった。



李智凱は前週のドーハ大会に続いてまたも中国勢に優勝を阻まれました。とはいえ、2017年のルール改訂で、大きさの不十分な実施が個々の技ごとに減点されるようになるなど、質の高い旋回を持つ選手は相対的に高いEスコアを得られるようになっており、1位の鄒敬園、2位の李智凱のEスコアにはそれが如実に表れています。旋回の質は一朝一夕で何とかなるものとは思えませんが、あん馬の決定点をアップさせるためには難度を上げていくことはもちろんのことながら、実施がますます重要になってくると言えそうです。

この記事へのコメント