内村航平 - 2018年ワールドカップ・ドーハ大会:予選の演技

UCHIMURA Kohei (JPN)
2018 World Cup Doha (QAT) QF


内村航平が復帰戦に選んだことでワールドカップとしてはかつてない注目を集めたドーハ大会。しかし、その結果はエントリーした4種目全てで予選落ちという予想だにしないものでした。その演技を確認しておきましょう。

動画はまめさんが撮影されたものです。ありがとうございます。

あん馬 PH


1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.横向き旋回CircleAII
3.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
4.Eフロップ4 FlopsEII
5.Dコンバイン2 Flops + R180DII
6.トン・フェイTong FeiDIII
7.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
ウ・グォニアン〈落下〉Russian Travel 3/3 720
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:5.6
E:7.633
Score:13.233
Rank:19th

2017年の全日本種目別からトン・フェイを取り入れているが、その時はB難度のループを抜いていたためDスコアは5.9だった。今大会ではループもトン・フェイも入れているため、6.0の構成を予定していたことになる。後半、惜しくもウ・グォニアンで落下。2016年までであれば難度は得られていたと思われるが、現在のルールでは次の技につなげないと認定されない。


つり輪 SR


1.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
2.中水平支持MalteseDII
3.アザリアンBack Roll to CrossDII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ヤマワキYamawakiCI
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.7
E:8.666
Score:14.366
Rank:10th

2017年と変わらないDスコア5.7の構成。肘を伸ばした実施に意識がよく行き届いている。着地も止めてEスコア8.666と2017年以降では最高の出来を見せる。


跳馬 VT

動画は再生リストになっています。1本目の動画が終わると2本目の動画に続きます。

DEPenScore
1.ロウ・ユンHdsp Front Lay 3/24.88.80013.600
2.シューフェルトYurchenko Lay 5/25.29.40014.600
Total:14.100

Rank:9th

1本目はヨー2(D:5.6)を予定していたが、ひねりが1回少ないロウ・ユンに変えてきた。低い着地になり前に大きく両足1歩跳ねる。2本目は常に安定した跳越を見せるシューフェルト。こちらは着地をピタリと決める。


鉄棒 HB


1.懸垂振り出し倒立StemAIII
2.屈身コバチKovacs PkEII
3.カッシーナCassinaGII
4.コールマンKolmanEII
5.アドラー1回ひねり逆手Jam 1/1 to UGEIII
6.ヤマワキYamawakiDII
7.エンドーEndoBIII
8.アドラーひねりJam 1/2DIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.1
E:7.333
Score:13.433
Rank:10th

屈身コバチでバーに近くなり肘が曲がる。続くカッシーナは完璧だったが、その後のコールマンがさらにバーに近くなり車輪に続けられなかった。いつも入れているシュタルダーとび3/2ひねり片大逆手(D)は抜いている。カッシーナとコールマンは決勝での連続も見据えた構成だったのではないだろうか。



返す返すもまさかの結果ではありました。いつも素晴らしい記事を届けてくださるスポーツライター矢内由美子さんの記事によれば、器械の違いによりヨー2を回避したこと、跳馬に意識が引っ張られたことで他の種目にも影響が出たことなどが伝えられています。

しかし、あん馬のDスコア6.0の実戦投入、つり輪の2017年以降最高Eスコア、跳馬のシューフェルト着ピタ、鉄棒の構成など、成果は十分にあったのではないでしょうか。何より今年の世界選手権の会場で演技ができたことは大きな収穫であったと思います。今回の結果にファンは何も心配していません。これからの全日本選手権、NHK杯と続く国内大会が非常に楽しみです。

この記事へのコメント

  • 太一

    先週の中日新聞に掲載された具志堅さんのコラムによれば、内村選手は大会の2週間前に突き指をしていたとのことで、これもいくぶんかの失敗の要因だったのでしょうね。

    動きそのものを見れば去年からの衰えを感じさせないので、やはりここからの体力アップにより「キング」らしい演技にもどせると思っています。

    それよりも気になるのは、リオ五輪以降の国際大会における日本の若手と中国選手との差ですね。これについてはまた別途コメントさせていただきます。

    2018年04月03日 12:29
  • Ka.Ki.

    年齢的にも衰えがないはずはないと思いますが、6種目のDスコアとEスコアの最適解を求めることに誰よりも長けている内村ですから、今後の個人総合の大会に期待していきたいと思います。
    2018年04月04日 22:00
  • alchemist

    内村選手のドーハ大会予選の演技をまとめてくださりありがとうございます(いつも楽しく閲覧させていただいております)。
    いままで、ほとんど失敗がないのが内村選手の演技という印象がありましたが、ここ最近は、ご本人が思ったように演技できていない様子に見えることが心配です。
    今回の跳馬の2本目の出来は素晴らしく、Dスコアが低くても、メダル候補に値する点が出ているのは、この種目で持ち味が十分出せているということですよね。
    次の国内の大会では、技捌きや着地といったEスコアに注目し、そのような観点で他を圧倒する演技をみせてほしく思います。
    2018年04月08日 09:02
  • Ka.Ki.

    現地で撮影してくださった方がいてこそです。

    跳馬は今年はシューフェルトですかね。
    2018年04月08日 19:56